ドイツの電気駆動車購入補助金、10月の申請件数は4000件以上

  1. ドイツニュース
  2. 25 view

ドイツ連邦経済・輸出管理庁(BAFA)によると、ドイツ政府と自動車メーカーが共同で2016年7月初めに開始した電気駆動車(エレクトロモビリティ)の購入補助金制度における、2017年10月の申請件数が4,037件となり、1カ月あたりの申請件数で過去最高を更新した。これまで最も多かったのは、2017年9月の3,626件だった。

ドイツの電気駆動車購入補助金、10月の申請件数は4000件以上

2017年10月末までの累計の申請件数は3万7,697件となった。内訳は、純粋な電気自動車が2万1,963件、プラグインハイブリッド車は1万5,730件、燃料電池車は4台にとどまっている。
この助成プログラムは、ゼロエミッション車である純粋な電気自動車(BEV)と燃料電池車(FCEV)に4,000ユーロ、プラグインハイブリッド車(PHEV)に3,000ユーロを補助するもの。財源は連邦政府と同プログラムに参加する自動車メーカーが折半で負担している。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事