ルノー、日産など、欧州自動車短信

  1. ドイツニュース
  2. 46 view

仏自動車大手のルノー・グループは12月7日、ルノー・日産アライアンスとダイムラーが共同開発した1.3l直噴ターボガソリンエンジンを発表した。新型エンジンは、マニュアル車専用の「115ps」と、マニュアル・オートマチック併用車の「140ps」、「160ps」の3種類をラインアップし、低燃費やCO2排出量軽減を実現するとともに、運転の楽しさや快適性を向上させている。ルノーはすでにミニバン「セニック」と「グランドセニック」への搭載を開始しており、2018年から他のルノー車にも積極的に採用していくという。

ルノー、日産など、欧州自動車短信

日産自動車が12月8日に発表した2017年11月の欧州新車販売は5万5,248台となり、市場シェアで3.4%を確保した。市場別では、1万147台を販売したロシア(含ダットサン、市場シェア6.5%)が最も多かった。英国(8,905台、同4.6%)、フランス(6,017台、同2.8%)、スペイン(5,849台、同4.9%)、ドイツ(5,409台、同1.7%)が続いた。イタリアでは5,290台を販売し、市場シェアで2.9%とした。車種別では、「キャシュカイ」の人気が高く、2万1,213台。以下、「ジューク」(7,093台)、新型「マイクラ」(6,763台)、「エクストレイル」(6,347台)、「パルサー」(1,648台)などが続いた。

ポーランドのバス製造大手ソラリスは12月13日、ドイツ中部フランクフルトの公共交通サービス会社から電気バス「ウルビーノ12エレクトリック」5台を受注したと発表した。2018年半ばに納車する予定。フランクフルトに供給する電気バスは、容量240kWhの蓄電池を搭載する。座席数は28席で、最大70人を輸送することができる。ソラリスはこれまでに世界で100台を超える電気バスを供給した実績がある。主な輸出先は、オーストリア、チェコ、フィンランド、スペイン、ドイツ、ノルウェー、スウェーデンで、今年はベルギー、フランス、ルーマニア、イタリアでも「ウルビーノ」の電気バスを受注した。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

独ダイムラー、商用バンを電動化

独ダイムラー、商用バンを電動化

独自動車大手のダイムラーは11月20日、軽商用車部門のメルセデスベンツ・バンが販売する商用バンを電動化する計画を発表した。中型バン「ヴィトー」の電動モデル「eヴィトー」は…

  • 129 view