英新車登録、12月は14.4%減・9カ月連続で減少

  1. ドイツニュース
  2. 6 view

英自動車工業会(SMMT)は、1月5日、2017年12月の同国の乗用車新車登録が前年同月比14.4%減の15万2,473台となり、9カ月連続の販売減少となったと発表した。1~12月の累計は、前年比5.7%減の254万617台。前年を下回ったものの、過去10年では3番目に多い数字だった。

英新車登録、12月は14.4%減・9カ月連続で減少

2017年の燃料別の登録台数は、代替燃料車(AFV)は、前年比34.8%増と好調で、市場シェアを4.7%に拡大した。ディーゼル車は17.1%減となり、市場シェアは42.0%(2016年:47.7%)に縮小した。ガソリン車は2.7%増で、全体の53.3%(2016年:49.0%)となった。顧客別では、個人(6.8%減)、大口法人(4.5%減)、小口法人(7.8%減)のいずれも前年に比べ減少した。
英新車登録、12月は14.4%減・9カ月連続で減少

SMMTのホーズ会長は、新車販売市場の低迷に懸念を示す一方、250万台を超える高い水準を確保している、と指摘している。

英新車登録、12月は14.4%減・9カ月連続で減少

ただ、2017年は市場が大きく変動した年であり、経済成長の低迷が懸念される2018年はさらに落ち込む可能性がある、との見解も示した。また、ディーゼル車に対する批判を受けて、多くの人が低エミッションの新しいディーゼル車の購入を躊躇していると言及し、古い車両を保持し続けることは、ランニングコストが高くなり、政府の環境改善に向けた目標の達成も遠のくと述べ、燃料タイプに関係なく、それぞれのライフスタイルに適した車両を購入すべきであるとの見解を示した。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事