ポルシェ、世界販売1~3月期12%落ち込む

  1. ドイツニュース
  2. 58 view

独フォルクスワーゲン(VW)・グループ傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェは9日、2019年1~3月期の世界販売台数が前年同期比で12%減の5万5,700台にとどまったと発表した。

画像はイメージです

地域別でみると、欧州は前年同期比32%減の1万4,004台。うちドイツは同28%減の5,557台に大きく落ち込んだ。2018年9月から導入された欧州連合(EU)の新たな排ガス・燃費基準「乗用車等の国際調和排気ガス・燃費試験法(WLTP)」の影響で全体的に販売が伸び悩んでいる。中国市場も前年同期比10%減の1万6,890台に低迷した。

中国経済の減速や4月1日からの増値税(日本の消費税に相当)の引き下げを受けた消費者の買い控えが影響したという。米国は8%増の1万5,024台と好調だった。ポルシェは、19年通期の販売台数が前年実績を若干上回ると見込んでいる。年内に市場投入する予定の新型「911」や5月に発売する新型「カイエン・クーペ」がインパクト材料になる。また、9月にフランクフルトで開かれる国際自動車見本市(IAA)で初披露する電動スポーツカー「タイカン」も販売攻勢に寄与するとみている。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

BMW、チェコに走行試験場を建設

BMW、チェコに走行試験場を建設

独自動車大手のBMWは12月15日、チェコ西部のソコロフに新たな走行試験場を建設すると発表した。将来の重要技術である電気駆動、デジタル化、自動運転などを試験する計画。例え…

  • 9 view