独ソノ・モーターズ、ソーラー EV をスウェーデンで生産委託

  1. ドイツニュース
  2. 114 view

ソーラー電気自動車を開発するドイツの新興企業ソノ・モーターズはこのほど、同社初の量産モデルとなる小型電気自動車「シオン」をスウェーデンのナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)に生産委託すると発表した。

NEVSは同国のトロルヘッタンにある旧サーブ工場で「シオン」を生産する。

トロルヘッタン工場では、「シオン」を8年間で計26万台、生産する。2020年下半期に生産を開始する予定。生産が本格化した後は、2交代制で年約4万3,000台を生産する計画。また、生産には100%再生可能エネルギーを使用する。

ソノ・モーターズは、「シオン」を2万5,500ユーロの価格で販売する計画で、すでに約9,800件の予約注文を受けている。「シオン」は車体表面にソーラーセルを装備しており、天候が良ければ、航続距離で1日あたり最大34キロメートルを太陽光発電による電力で走行することができる。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事