ダイムラーと吉利が合弁設立、スマートEVを中国で生産

  1. ドイツニュース
  2. 10 view

独自動車大手のダイムラーは3月28日、中国の自動車メーカー、浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ、以下、吉利)と折半出資で中国に合弁会社を設立すると発表した。同合弁では、ダイムラー傘下の超小型車ブランド、スマートの次世代電動モデルを開発・生産する。当該モデルは中国で生産し、世界市場で2022年から販売を開始する。合弁会社は2019年末までに設立する予定。

スマートの次世代EVモデルは、メルセデスベンツが設計し、吉利のエンジニアリングセンターが開発し、中国で生産する予定。

スマートの新モデルを2022年から発売するまでは、フランスのハンバッハ工場で引き続き2人乗りEVモデルの「スマートEQフォーツー」を、スロベニアにあるルノーのノボメスト工場で4人乗りEVモデル「スマートEQフォーフォー」を生産する。ハンバッハ工場では将来、メルセデスベンツの電気自動車を生産する。ダイムラーは昨年5月、メルセデスベンツが新ブランド「EQ」から販売するコンパクトカーをハンバッハ工場で生産する計画を発表していた。同計画の実施に向け、ハンバッハ工場に総額で約5億ユーロを投資する。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

BMW、2017年通期は増収増益

BMW、2017年通期は増収増益

独自動車大手のBMWグループは3月8日、2017年通期決算の売上高が前年比4.8%増の986億7,800万ユーロとなり、過去最高を更新したと発表した。グループの出荷台数も…

  • 37 view