シトロエン、SUV新モデル「C5エアクロス」を来年1月に市場投入

  1. ドイツニュース
  2. 56 view

仏自動車大手のシトロエンは、「C5」シリーズからSUV「C5エアクロス」を来年1月に市場投入する。販売価格は2万ユーロからとなる。

「C5エアクロス」は丸みを帯びたソフトな外観が 特徴。柔らかい素材を使用したシートは前後や高さ、角度を3段階で調整できるなど、快適さは 同じ価格帯のSUVではトップクラス。580~720リットルのトランクルームは、座席を倒すことで最大1,630リットルに拡大できる。

全長4.5m、ホイールベース2.73m。今年発売された新型の「DS7」や「プジョー3008」と同じEMP2プラットフォームを採用している。車間距離調整機能や車線維持・変更補助機能などの運転アシスト機能を標準装備する。

パワートレインは3気筒または4気筒のガソリンまたはディーゼルエンジン(最高出力130PS~180PS)と8速オートマチックを組み合わせている。さらに、来年末には最高出力300PSのプラグインハイブリッド(PHV)車も投入する予定。電気モーターのみで最大60kmを走行できる。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事