BMWとダイムラー、EV用プラットフォームの共通化を検討か

  1. ドイツニュース
  2. 41 view

独自動車大手のBMWとダイムラーが電気自動車用プラットフォームの共通化について検討しているもようだ。独経済誌『マネージャーマガジン』によると、最初のモデルはコンパクトEVのBMW「i2」となり、販売価格は3万ユーロ以下になる可能性があるという。また、販売台数はBMWとダイムラーの両社あわせて年50万台を計画しており、2024年にも市場投入される可能性があると報じている。

BMWとダイムラー、EV用プラットフォームの共通化を検討か

『マネージャーマガジン』誌によると、BMWとダイムラーがプラットフォームを共通化するコンパクトEV「i2」は、BMWが2013年に発売した電気自動車「i3」と同じくらいの大きさだが、炭素繊維を使用した高価格な車体部品は採用しない意向という。BMWはコストを大幅に抑える方針で、販売価格は3万ユーロ以下になると見られている。ベースモデルでは1回のフル充電による航続距離を約300キロメートルに抑える方針という。

なお、BMWのクラウス・フレーリッヒ開発担当取締役は、ダイムラーのオラ・ケレニウス開発担当取締役に対し、共同開発は1モデルに限定する意向を強く示したとされる。ケレニウス取締役は、2019年5月の株主総会でダイムラーの次期社長に就任することになっている。

BMWとダイムラー、EV用プラットフォームの共通化を検討か

BMWとダイムラーは、カーシェアリングなどのモビリティサービス事業の統合と自動運転分野での協力について合意している。
3月15日発行の独『南ドイツ新聞』紙は、両社がプラットフォームの共通化で協力を検討していると報じていた。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事