BMW、チェコに走行試験場を建設

  1. ドイツニュース
  2. 66 view

独自動車大手のBMWは12月15日、チェコ西部のソコロフに新たな走行試験場を建設すると発表した。将来の重要技術である電気駆動、デジタル化、自動運転などを試験する計画。例えば、衝突回避機能など運転支援システムを安全性の面から試験する方針。新試験場の面積は約500ヘクタールで、投資規模は数億ユーロ。数百人の雇用創出を見込んでいる。同社にとっては東欧初の開発拠点となる。

BMW、チェコに走行試験場を建設

ソコロフはドイツとの国境から約40キロメートルと近く、ミュンヘンにあるBMWグループの開発事業の中核拠点である研究イノベーションセンター(FIZ)から車で約2.5時間の距離にある。

ミュンヘン近郊のアッシュハイム、フランスのミラマ、スウェーデン北部のアリエプローグにあるBMWグループの既存試験場では、これ以上業務を増やすことが難しくなっているため、同社ではドイツおよび近隣諸国で新たな試験施設の候補地を探していた。合計で82カ所を調査したという。また、ソコロフにおける交渉には2年半を費やした。新試験場は、2020年代初めに開設する計画だが、2018年初めには一部の試験業務を開始する予定。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事