BMW、中国に電池工場を開設

  1. ドイツニュース
  2. 85 view

独自動車大手のBMWグループは24日、中国の提携先である華晨中国汽車(Brilliance)と共同で、瀋陽に電池工場「ハイ・ボルテージ・バッテリー・センター」を開設した。同工場で生産した電池は、BMWと華晨中国汽車の合弁会社BMWブリリアンス・オートモーティブ(BBA)が運営する大東区(Dadong)工場に供給する。大東区工場では今後、中国市場向けにBMW「5シリーズ」のプラグインハイブリッド車を生産する予定。

BMW、中国に電池工場を開設

BMWは現在、世界の10工場で電気駆動車を生産している。電池はこれまで、ドイツのディンゴルフィング工場と米国のスパータンバーグ工場から供給していた。瀋陽の電池工場の開設により、BMWグループの電池の生産拠点は世界3カ所に増えた。

BMWによると、同社の電池の生産工程は2段階に分かれている。第1段階では、外部から調達した電池セルをバッテリーモジュールに組み立てる。その後、第2段階では、バッテリーモジュールを接続部品や制御装置、冷却装置などと共にアルミ製ハウジングに組み込み、「バッテリーパック」を生産する。第2段階では、モデルのバリエーションに応じて、モジュールの数や、ハウジングの大きさ・形状を変えることができる。

■電気駆動車の割合、25年に15~25%を予想
BMWは中国では合弁会社のBBAを通して、瀋陽の大東区(Dadong)と鉄西区(Tiexi)に工場を持つほか、軽金属の鋳造加工ができるエンジン工場を持つ。瀋陽にあるこれらの生産拠点に新たに電池工場が加わった。

また、BMWは、2025年にはBMWと傘下の小型車ブランドMINIの世界販売台数のうち電気駆動車が全体の15~25%を占めると見込んでいる。このため、従来の生産工程で電気駆動車も生産できる体制を整備している。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事