BMW、2017年通期は増収増益

  1. ドイツニュース
  2. 76 view

独自動車大手のBMWグループは3月8日、2017年通期決算の売上高が前年比4.8%増の986億7,800万ユーロとなり、過去最高を更新したと発表した。グループの出荷台数も前年比4.1%増の246万3,526台となり、過去最高となった。このうち電気駆動車の出荷台数は、はじめて年10万台を超えた。利益も前年を上回っており、営業利益(EBIT)は前年比5.3%増の98億8,000万ユーロ、税引き前利益(EBT)は前年比10.2%増の106億5,500万ユーロと、はじめて100億ユーロを突破した。税引き前利益は、自動車、自動二輪、金融サービスの全部門で過去最高を更新した。EBTべースの売上高利益率は10.8%。最終利益は前年比26.0%増の87億600万ユーロだった。

BMW、2017年通期は増収増益

2017年の研究開発投資は、前年比18.3%増の61億800万ユーロと、前年(51億6,400万ユーロ)に比べ約10億ユーロ増加した。売上高に対する研究開発費の割合は6.2%(前年:5.5%)に拡大した。ニコラス・ペーター財務担当取締役は2018年の研究開発費も前年を数億ユーロ上回り、売上高比率もさらに高まるとの見通しを示している。

自動車部門の売上高は、前年比2.5%増の885億8,100万ユーロに拡大した。EBITは、2.2%増の78億6,300万ユーロだった。EBITベースの売上高利益率は8.9%となり、目標とする8〜10%の範囲内あるいは以上を2010年以降、堅持している。税引き前利益は9.8%増の86億9,100万ユーロと過去最高を更新した。

BMWグループの電気駆動車の2017年の出荷台数は、前年比65.6%増の10万3,080台となった。小型車「i3」の販売好調がけん引役となっている。

BMWは2018年もグループ出荷台数が前年を上回ると見込んでいる。また、電気駆動車の出荷台数は14万台以上を目指している。同社は、電気駆動車の出荷台数で、2019年末までに累計で50万台の達成を目標に掲げている。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

英新車登録、10月は12.2%減

英新車登録、10月は12.2%減

英自動車工業会(SMMT)が6日発表した2017年10月の同国の乗用車新車登録は、15万8,192台となり、前年同月に比べ12.2%減少した。販売減少は7カ月連続。1~1…

  • 20 view