EU、新車に事故自動通報システムの搭載義務化、新規則が施行

  1. ドイツニュース
  2. 98 view

欧州連合(EU)域内で販売される新車(乗用車と軽商用車)を対象に、自動車事故の自動緊急通報システム「eコール」の搭載を義務付ける新規則が3月31日に施行された。EUでは年間2万5,000人以上が交通事故で死亡しているが、eコールの搭載義務化で事故発生時の救急対応の時間が大幅に短縮され、死亡事故が減少すると期待されている。

新車に事故自動通報システムの搭載義務化、新規則が施行

eコールは衝突事故などが発生すると、車内に装備された発信装置が衝撃を感知して自動的に作動し、欧州独自の衛星利用測位システム「ガリレオ」から取得した車両の位置情報を緊急サービスセンター(域内共通の112番)に通報するシステム。緊急センターは位置情報に基づいて迅速に救急隊を派遣することができ、従来に比べて事故発生から救助までの時間が大幅に短縮される。欧州委員会はeコールの搭載義務化により、事故発生時の救急対応の時間が都市部で最大60%、地方でも50%ほど短縮されるとの見方を示している。

欧州委は2005年にeコールの導入計画を打ち出し、当初は09年までに域内全域で同システムを実用化する目標を掲げていた。しかし、インフラ整備に要するコスト面の問題に加え、プライバシー保護の観点から加盟国の間で意見調整が難航。欧州委は13年6月、緊急センターに自動通報された情報を記録・保存しないことや、本人の同意を得ずに第3者に転送しないなどの条件を盛り込んだ法案をまとめ、15年4月に欧州議会が同法案を採択した。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事