ダイムラーとボッシュ、ドライバーが乗車しない自動運転駐車の認可を得たと発表

  1. ドイツニュース
  2. 99 view

ドイツの自動車大手ダイムラーと自動車部品大手のボッシュは23日、シュツットガルトにあるメルセデスベンツ博物館の駐車場で実施するドライバーが乗車しない自動運転駐車サービス(自動運転バレットパーキング)について、当局の認可を得たと発表した(米国自動車技術会(SAE)が定義する「レベル4」の自動運転技術)、シュツットガルトにあるメルセデスベンツ博物館では近く、来場者が当該サービスを体験できるようにする計画。


※写真はイメージです

バレットパーキングはホテルなどで顧客の運転してきた車を係員が代わりに駐車し、外出時には玄関まで出してきてくれるサービス。両社は同様のサービスを、スマートフォンを介した自動運転で行う。利用者は、駐車場の中のドロップオフエリアで車から降り、スマートフォンで空いている駐車スペースに自動運転で駐車するよう指示する。再び車を使用する際には、車両が自動運転でピックアップエリアまで出てくる。

駐車施設に設置されたセンサーが走路を監視し、車両に運転操作を指示する仕組み。車両は駐車場のインフラから出された指示に従って指定の場所に移動・駐車する。インフラのセンサーが通路に障害物を認識すると、車両が停止する。

ボッシュは、駐車場に設置するインフラを提供し、ダイムラーは車両技術を担当した。両社は2015年に自動駐車技術のプロジェクトを開始し、2017年にはメルセデスベンツ博物館で当該プロジェクトの成果を初めて披露した。

無人の完全自動運転機能に関する認可手続きた確立されていないため、両社はプロジェクト開始当初から、シュツットガルト市やバーデン・ヴュルテンベルク州運輸省と連絡を取るほか、技術監査機関テュフ・ラインラントの鑑定を受けるなど、安全性を最優先してプロジェクトを進めてきた。

2018年からは訓練を受けたセキュリティドライバーが同乗した状態で、博物館の来場者が自動運転駐車サービスをライブ体験できるようになった。今回の認可により、博物館では近く、セキュリティドライバーが同乗しない車で自動駐車サービスを体験できるようになる予定。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

VW、中国に3工場を開設

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は5月28日、中国の第一汽車(FAW)との合弁会社、一汽大衆(FAW VW)が今後数カ月以内に中国で3工場を新たに開設すると発表し…

  • 202 view