独アウディ、中国でSUVと電気駆動車の生産・販売強化

  1. ドイツニュース
  2. 20 view

独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車大手アウディは、中国でのSUVと電気駆動車の生産・販売を強化する。独業界紙『オートモビルボッヘ』によると、2023年までにSUVのラインアップを10モデルに増やす計画で、うち7種類を中国で現地生産し、高価格帯の3モデルは輸入販売する。同社はこのほど、香港近郊の港湾都市である深センで大型SUV「Q8」を世界初公開した。アウディのルーパルト・シュタートラー社長によると、同社は2020年または2021年に、純粋な電気自動車の現地生産を開始する計画。2022年までに電気駆動車5モデルを中国で生産する計画で、うち4モデルが純粋な電気自動車となる予定。

また、アウディの中国事業を統括するヨアヒム・ヴェドラー氏によると、アウディは中国での現地生産モデルを2022年までに2倍以上に拡大する計画。現在は、長春市で「Q3」「Q5」「A6L」「A6Leトロン」「A4L」の5モデルを、仏山市で「A3スポーツバック」および「A3セダン」(アウディ内部では両モデルを1モデルとしてカウント)を生産している。

高価格帯SUVはスロバキア工場で生産・輸入

2023年までに10モデルに増やす計画のSUVのうち、高価格帯の「Q7」「Q7eトロン」「Q8」の3モデルはスロバキアのブラチスラバ工場で生産し輸入販売する。また、4モデルは純粋な電気自動車となる。

アウディは4月の北京モーターショーで、2025年には中国の販売台数のうち約30%を電気駆動車とする方針を発表した。今後5~6年以内に中国の販売台数で約2倍の120万台を目指している。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事