独アウディ、25年から全モデルを電動化

  1. ドイツニュース
  2. 13 view

独自動車大手アウディのルーパルト・シュタートラー社長は独日刊紙『ウェルト』(24日発行)に、2025年以降に発売する新モデルにはすべて、電気駆動システムを搭載する方針を明らかにした。SUVモデルの人気が高く、今後さらに販売が増える見通しであることから、電動化を強化し、販売モデルの二酸化炭素(CO2)排出量の平均値を低減する。

独アウディ、25年から全モデルを電動化

シュタートラー社長は『ウェルト』紙に対し、「2025年には当社の新車販売の約半数がSUVになるだろう」との見通しを示した。アウディの販売台数に占めるSUVの割合は地域によって差があり、北米ではすでに約50%に達している。ドイツでは現在、約25%、欧州および世界では約33%(3台に1台の割合)であるという。また、SUV人気は(一時的な)トレンドを超えている、と述べ、多くの人がSUVの座席の高さに魅力を感じているとの見解を示した。

SUVは利益率が高い利点があるが、大型で重量があるため、新車販売の二酸化炭素(CO2)排出量の平均値が上昇する難点がある。このため、アウディでは、電動化を強化していく方針。2025年以降に発売する新モデルには、内燃エンジンのみを搭載したモデルはなくなり、純粋な電気自動車、プラグインハイブリッド車、マイルドハイブリッド車など、何らかの電気駆動システムを採用した車両となる。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

英新車登録、10月は12.2%減

英新車登録、10月は12.2%減

英自動車工業会(SMMT)が6日発表した2017年10月の同国の乗用車新車登録は、15万8,192台となり、前年同月に比べ12.2%減少した。販売減少は7カ月連続。1~1…

  • 6 view