アストンマーティン、EVスポーツカーの生産を計画

  1. ドイツニュース
  2. 34 view

英高級車メーカーのアストンマーティンがEVスポーツカーの生産を計画している。車体を軽量化するなど、米テスラが計画する「ロードスター」の次世代車に対抗する狙いがある。

アストンマーティン、EVスポーツカーの生産を計画

同社はまず2019年中に高級スポーツカー「ラピード(Rapide)」のEV仕様車「RapidE」を155台限定販売する考え。

2022年にかけて毎年新モデルを投入し、2025年には各モデルからマイルドハイブリッド仕様車を出す予定。同社のアンディ・パーマー社長は、その際、プラグインハイブリッド車や6気筒以下の車種の投入は、アストンマーティンにとってメリットが少ないため見送るとしている。

一方、テスラは昨年11月に「ロードスター」の次世代モデルの市場投入を予告したが、詳細な日程はまだ決まっていない。その背景には同社初の量産車「モデル3」の生産立ち上げに苦戦していることがある。2017年中に週5,000台を生産するとした長期目標はほぼとん挫。昨年第3四半期の生産台数はわずか260台にとどまっている。同モデルはすでに45万台以上の予約を抱えている。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH カメラ/中込健太郎]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

VW、中国に3工場を開設

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は5月28日、中国の第一汽車(FAW)との合弁会社、一汽大衆(FAW VW)が今後数カ月以内に中国で3工場を新たに開設すると発表し…

  • 116 view