中国製電動自転車に反ダンピング措置、欧州委が暫定発動

  1. ドイツニュース
  2. 62 view

欧州委員会は18日、中国製の電動自転車に対して暫定的な反ダンピング(不当廉売)措置を発動すると発表した。すべての中国製電動自転車を対象に、19日付で反ダンピング関税を課す。税率は21.8~83.6%。

欧州委は欧州自転車製造者協会(EBMA)の申立てを受け、2016年10月に中国製の電動自転車に対する反ダンピング調査を開始した。調査は終わっていないが、ダンピングの疑いが濃厚として、暫定的な反ダンピング措置の発動に踏み切った。適用期間は6カ月。欧州委の調査でダンピングが正式に認定されれば、最長5年の正式な反ダンピング措置に切り替えることになる。

欧州委によると、EUの電動自転車市場では中国製品の販売が14年から17年にかけて3倍に増加。中国製が35%のシェアを握っている。
欧州委は中国製品が政府系銀行から有利な条件で融資を受けたり、助成、税優遇などの形で実質的に不当な補助金を提供され、これによってEUに廉価で製品を供給している疑いがあるとして、反ダンピング調査のほか、反補助金調査も進めている。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

独ダイムラー、商用バンを電動化

独ダイムラー、商用バンを電動化

独自動車大手のダイムラーは11月20日、軽商用車部門のメルセデスベンツ・バンが販売する商用バンを電動化する計画を発表した。中型バン「ヴィトー」の電動モデル「eヴィトー」は…

  • 101 view