ドイツ乗用車新車登録、1 月は 1.4%減少

  1. ドイツニュース
  2. 15 view

ドイツ連邦陸運局(KBA)が4日発表した2019年1月の国内乗用車新車登録は、26万5,702台となり、前年同月に比べ1.4%減少した。昨年1月は登録台数が1999年以降で最も多かった反動もあり、1月は前年同月の実績をやや下回った。

顧客別では、法人が全体の66.8%(前年同月比1.6%増)、個人は33.1%(同7.0%減)を占めた。

燃料別では、ガソリン車が全体の57.6%(8.1%減)、ディーゼル車は34.5%(2.1%増)占めた。電気自動車は前年同月比68.2%増の4,648台と2ケタの増加だった。ハイブリッド車も66.4%増の1万5,171台に急伸した。なお、このうちプラグインハイブリッド車は26.2%減の2,119台と低迷した。天然ガス車は245台(71.7%減)、液化石油ガス車(LPG)は898台(123.4%増)だった。ブランド別では、フォード(14.6%増)が好調だったほか、スマート(7.6%増)、アウディ(3.7%増)、MINI(3.3%増)が前年同月を上回った。ポルシェ(53.8減)は大幅な減少だった。BMW(7.5%減)、オペル(6.6%減)、フォルクスワーゲン(VW)(6.5%減)、メルセデスベンツ(4.3%減)も前年同月を下回った。

輸入ブランドでは、テスラが117.5%増と好調で、ボルボ(39.7%増)も高い伸び率だった。アルファロメオ(31.6%減)は大幅に落ち込んだ。

日本勢は、スバル(46.5%増)、スズキ(18.5%増)が2ケタの増加だった。これに対し、日産(39.9%減)、ホンダ(34.6%減)、は2ケタの減少。レクサス(9.0%減)、トヨタ(4.1%減)、マツダ(2.8%減)、三菱自(2.5%減)も前年同月に比べて減少した。

生産・輸出が大幅に減少、ストライキの影響で

独自動車工業会(VDA)によると、2019年1月の国内受注は前年同月に比べ約15%増加した。国内受注は5カ月連続で前年同月を下回っていたが、1月は増加に転じた。国外受注は前年同月に比べ5%減少した。

1月の国内生産は、前年同月比19%減の36万7,300台、輸出も同20%減の28万5,800台と大きく落ち込んだ。アウディのハンガリー子会社アウディ・フンガリアで賃上げを求めたストライキがあり、ドイツ工場などへのエンジン供給が滞った影響もある。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事

VW、中国に3工場を開設

独自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は5月28日、中国の第一汽車(FAW)との合弁会社、一汽大衆(FAW VW)が今後数カ月以内に中国で3工場を新たに開設すると発表し…

  • 91 view