若者のクルマ離れ=クルマへの興味が離れているわけではない!今こそ若い人に伝えたい「中古車」という選択肢

  1. コラム
  2. 205 view

毎年、ソニー損保さんが発表している「新成人のカーライフ意識調査」が今年も発表されました。

ソニー損害保険株式会社ウェブサイト
https://from.sonysonpo.co.jp/topics/pr/2019/01/20190107_01.html

若者の車離れというのが言われ始めてだいぶ時は経ちますが、実際にこのアンケート結果を見るとクルマ自体に興味がないわけではないことが逆に明確になりますね。クルマには興味あるし、もっと安全で、かっこいい車が欲しいとか、クルマを所有したいと思っている若者はたくさんいます。しかし、最大の問題は経済的な面です。クルマ自体の価格、燃料代、保険や税金、整備費用などの維持費、駐車場代。このような費用がもっとも大きな足枷となって購入に踏み切れない、購入することができない、というのが若者がクルマ離れをしている理由です。

若者の車離れとその背景

昔?20年くらい前までは、クルマの優先順位はかなり高い時代でした。でも今は、スマホやファッションなどクルマよりも優先順位が高いものがあって、さらにそこにクルマをプラスしたら当然金銭的には賄いきれないのは当然でしょう。ほかの物を我慢してクルマを購入するほどの優先順位ではないということですね。ただこれは若者だけではなくて、ほかの世代でも同じなのではないでしょうか。

今は、スマホやタブレットなどはなくてはならない存在で、20年、30年前に比べるとさまざまな事象のスピードも上がっています。クルマ以外の移動手段、公共交通機関、カーシェアリングなども普及、タクシーもアプリで配車されるなど、クルマの必要性もさがっています。

そもそも、車を持っているだけで「すごい」「かっこいい」といわれていた時代には、クルマを持っているだけでよかったのですが、今は、そもそもそれ以前にスマホを持っていないと人とのつながりが出来なかったりして、クルマまでたどり着かないんですね。だから「もっと安くてかっこよくて安全なクルマが販売されれば欲しい」というふうになるのです。

若い人に伝えたい、中古車という選択肢

でも、だったら買える金額で売っている中古車を買おうっていうことにはならないでしょうか?中古車なら20万円以下で見つかる車が、カーセンサーで検索したら10年落ち以内で3140台もヒットしました!軽自動車に、ノートやフィット、キューブといったコンパクトカーもいろいろ選べそうです。アルファロメオの147やワーゲンのニュービートルなども選べてしまいます!さらには、ステップワゴンやセレナなんかのミニバンも選択肢に。

私が気になったのは、4WDのマニュアルミッションのミニキャブトラック!こんなのが一台あればどんな悪天候もへっちゃら!荷物も乗るし、遊ぶには最高じゃないでしょうか!あ、でも人が2人しか乗れないですね。そんな時はハイゼットバンもありますね。4人乗れて荷物も積めて、どこでも走れるなんて!なんだかいろいろ見ていたらほしくなってきちゃいますね。

 クルマ選びは楽しいものですね~。ぜひ新成人の方々にもいろんなクルマを見て触って素敵な一台に巡り合ってほしいものです。周りがどう思うかよりも自分が一番いいと思うクルマが一番ですよ。

[ライター/CL編集部 画像/写真AC]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事