アウディA8 L エクステンデッド誕生記念?世界の名珍リムジンたち

  1. コラム
  2. 268 view

先日、アウディA8Lをベースにワンオフでリムジンモデル「アウディA8 L エクステンデッド」が製作されたことが話題となりました。

リムジンって、何だかんだいっても、街中で見掛けると目で追ってしまいがちです。

そこで「アウディA8 L エクステンデッド誕生記念(?)」として、世界の名珍リムジンたちをピックアップします。とても一度には紹介しきれないので、まずは日本ではまず見掛けないと思われるリムジンを取りあげていきます。

1.メルセデス・ベンツEクラス(S124)リムジン

W124のリムジンは日本にも現存しますが、ワゴンボディS124リムジンはさすがに存在しないはず

2.メルセデス・ベンツS600 プルマン マイバッハ

W222にもプルマンが存在します。W220プルマンを見掛けたことがありますが、いまでも日本にあるのでしょうか

3.ベントレー・アルナージ リムジン by Mulliner

ベントレー・アルナージのリムジンです。Mullinerによる仕立てがマニア心をくすぐります

4.ビュイック グランドエステートワゴン by Limousine Werks

これも間違いなく日本には現存しないリムジンでしょう。押し出しの強いリムジンが多いなか、ほっとさせる何かがあります

5.フォード・エクスキュージョン XLT リムジン

H2ハマーをリムジンは日本でも見掛けます。しかし、このフォード・エクスキュージョンは…リムジンというより、もはやバス?

6.ランチア・テーマ リムジン

イタリア車にも要人用などのリムジンがあります。このテーマもアンバランスなフォルムが魅力的な1台。日本で乗っていたらヘンタイ度高し!

7.プジョー 604 リムジン

プジョーのリムジンという、これもまたアンバランスな組み合わせもマニア(ヘンタイ?)ゴコロをくすぐります。このクルマでフレンチブルーミーティングに参加したら注目の的ですね

8.ボルボ S80 リムジン

筆者のかすかな記憶では、ボルボ940リムジンは日本に存在していたはずです。いまはどうなのでしょうか。しかし、さすがにS80は上陸していないと思われます

9.TRG トヨタ・センチュリー リムジン

霊柩車などを手掛けるTRG社によるセンチュリー リムジン。こういう技術こそ、世界に誇りたいと思うのは筆者だけではないはずです

10.オーテック 日産セドリック ロイヤルリムジン(Y31)

オーテック社製のY31型セドリックリムジン。実は、今年のノスタルジック2Daysにも出品されていました。後世に遺したい1台ですね

11.光岡ガリュー・リムジン

ガリュー・リムジンもマニア度高し!な1台です。三菱のディグニティや、トヨタのコロナリムジンなどと同様に、こちらも後世に遺したい1台です

12.トヨタ・コロナ スーパールーミー

トヨタ・コロナ スーパールーミー。通称「コロナリムジン」。トヨペット店の累計販売台数1000万台を記念して500台限定で生産されたスペシャルモデルです。ピンククラウンもインパクトがありましたが、その比ではありません。「お隣りのコロナより、うちのは、大きい。」のコピーがたまらないカタログも、お宝級のアイテムです

マイバッハ62よりも長い、アウディA8 L エクステンデッド

アウディA8 L エクステンデッドの全長は6360mm。かつて日本でも正規販売されたマイバッハ62(6171mm)よりも長いボディとなれば、その大きさが想像できるのではないでしょうか。

そんな鯨のような巨大ばボディを持つリムジンでも、後席乗るよりも運転してみたいと思ってしまう筆者は、やはりヘンタイなのかもしれません…。

[ライター/江上 透 画像出典/Pinterest]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事