重要なのはタイミング!需要と供給をみたす、愛車を売却する場合の「ベストな時期」とは

  1. コラム
  2. 33 view

1月も最終週になりました。もうすっかりお正月気分は抜けましたよね!

この時期は、年度末に向けて何かとあわただしくなり始めるころです。道路工事も増えて、思わぬ渋滞にはまることもありますよね。あわてないためにも日ごろから十分に余裕をもって行動していきましょう。

2月3月は乗り換えシーズン

これから自動車業界では、売却のご相談が一気に増加していきます。 とくに、2月、3月は通常の1.5倍から2倍近くのお問い合わせ数になるんです。売却が増えるということは、お乗り換えで車を購入される方も増えるということになります。一年のうちでもっとも車両の売買が活発になる時期といえます。

一般社団法人日本自動車販売協会連合会の資料によると、新車も中古車も登録台数ベースでは、3月が一年の中で最も台数が多く、通常の月の1.5倍程度になっているようです。これは、お店にくるお問い合わせの数とも一致してきますね。

そこで今日は、クルマの乗り換えや、手放しなどで、愛車を売却する場合のタイミングについてお話させていただきたいと思います。当然ですが、皆様が売却されるクルマたちは、通常は中古車販売店などを通じて再び、次のオーナー様に購入されることになります。人気があればその車種は引く手数多となって取引価格も上昇します。人気のない、需要のない車種であれば、購入希望者がいないため値段がさがったり、スクラップとして鉄やその他の材料にされてしまいます。

つまり需要と供給のバランスで価格は上がったり、下がったりします。それを分かつのは、車種とタイミング。車種は今の愛車をトヨタからポルシェに変身させるわけにはいきませんからどうにもなりません。でも、タイミングはご自身でも操作ができますね。で、いつが良いのかといえば、欲しい人がいっぱいいるタイミング。つまり3月に向けてのこれからの時期です。

3月に向けて今からの仕込みが重要?

「なるほど。3月に欲しい人がいっぱいいるから、3月に売ればいいのか!」

というふうに考えてしまうと、もう時期を逃してしまいます。クルマは、商品化されるまでに傷を治したり、整備をしたりという時間がかかります。また、納車に当たって車検を取得したり、車庫証明の申請や登録手続き、整備などで少なくとも1週間はかかりますし、輸入車なら整備に要する日数も2週間や1か月程度かかるケースも珍しくありません。そうなると販売店は、3月に仕入れても、月内にユーザーへ納車することが難しくなります。3月に確実に納車するためには、2月中には商品として準備を整えておきたいのです。

ここまでお話すればもうご理解いただけると思います。一年のうちで一番の売り時は今です。3月に入ってから、4月に落ち着いてからとなると、購入する側も落ち着いてしまうので、価格も下がりやすくなってしまいます。ぜひ、おクルマのご売却をお考えの方は、このタイミングを逃さないようにお気を付けください。

そういえば、私は皆様にこんなお話をしておきながら、自分のクルマは、次に欲しいクルマが出てきたタイミングでしか手放していませんでした。うーん、これからはよくこういうタイミングも考えて行動したいと思います!

さて、今年は平成も最後。新しい時代にふさわしいお気に入りの一台で素敵なドライブをお楽しみください。

[ライター/CL編集部 画像/写真AC]

カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事