クルマとしての楽しさが詰まっている1台「シルビア・ヴァリエッタ」。近年再評価されているネオクラシックカーはやはり美しい

  1. コラム
  2. 258 view

CLCARSは輸入車の話題も多いのでこの様なクルマはあまり登場する機会も多くありません。今回はシルビア・ヴァリエッタのことをご紹介します。

シルビア・ヴァリエッタはオープンモデル

シルビア・ヴァリエッタは、最後のシルビアS15型に設定されていた、オープンモデルです。かなり速い段階で、国産車としては量産初の「クーペカブリオレ」タイプのリトラクタブルハードトップオープンカーです。

個人的には常々、「欲しいクルマに乗れるとは限りません。ご縁のあるクルマ、はなしのきたクルマに乗ればいいのです。」と申し上げていますが、このクルマ実は私のクルマで唯一ではないでしょうか。「かねてから、いいものがあれば乗ってみたい」と思って探していたクルマでもあるのです。

その理由は次のようなことからです。オープンカーに乗ってみたかった。維持費の高いクルマ、日常使用が難儀するようなややこしいクルマではないものがよい。そこまで大きくないクルマがいい。燃費もある程度普通に10キロ/リットル以上走ってほしい。でも珍しいクルマであるとよい。かっこいいとなおよい。こんなのを満たすクルマというのは案外少ないのですが、シルビア・ヴァリエッタはこれをわりと「さらっと」満たしていました。

総生産台数は1120台というレアな車体

総生産台数は1120台。シルビアの中ではクーペの一番高価なモデルよりも高いほどの価格が設定されていたにもかかわらず、エンジンはベーシックなもの。なかなか積極的にオープンが欲しい人でないと選択しないということもあるでしょう。エンジンはSR20です。スポーツカーから、チューニングをかえてセレナなどにも使っていたエンジン。これ実は、タイミングベルトのない、チェーンタイプのエンジンなので距離はまったく問題ない、オイル交換くらいしておいてあげればよいエンジンなのです。

にもかかわらず、希少スペシャリティーカーにありがちなのですが、相場は完全に距離依存、だからこそ距離が多めでフルオリジナル、できればマニュアルだけど、ATでもいいかな…そんなクルマ出てくればなあ、と思っていたら、このクルマの話があり、走行138,000キロ、マニュアルの個体が知り合いのクルマ屋さんに入庫されたのです。たまたま駐車場も開くことになっていて解約する前だったので、継続して借りることにし、購入を即決しました。なかなか過走行のものは売り物がなく、距離の薄いクルマは車体で100万円前後と結構いい値段。(かといってルーフの開閉のコンディションがいいという保証もない訳で…)こうして「もくろみ通りの『過走行のオリジナルヴァリエッタ』」は私のところにやってきたのです。

「クルマとしての楽しさ」が詰まっている1台

このクルマには、輸入車かどうか、スポーツカーかどうかの前に「クルマとしての楽しさ」が詰まっている1台だと思うのです。

基本的に雨とかが強い場合以外は「乗るときは屋根あけ」を敢行しておりますよ!皆様ぜひオープンカー、未体験の方はぜひ一度お試しを。複数所有の方は1台をオープンカーにされることをお勧めします。

[ライター・画像/中込健太郎]
※当記事は過去公開した記事の再編集版です

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事した。そのころ企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなどを担当。その後フリーランスライターとして活動現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。車選び.com ,NAVI CARS他で執筆中。「クラシックカー美女」テキスト担当●温泉ソムリエ●一級小型船舶操縦免許

記事一覧

関連記事