サーブが2017年に消滅しても残したい、サーブ900 ターボ16 カブリオレ

  1. コラム
  2. 441 view

2016年6月発表された「サーブ」が2017年をもって消滅するという報道は、輸入車ファンにも大きな衝撃を与えたのではないでしょうか?

現在、スウェーデンのナショナル・エレクトリック・ビーグル・スウェーデン社(NEVS)が、サーブ車の生産および販売の権利を有しており、2017年にサーブ9-3をベースに造られる電気自動車にはサーブの商標を使わないと発表したのです。姿形はサーブでも、バッチは「SAAB」ではなくなります。

サーブ900がデビューしたのは1978年

おそらく、日本でもっとも売れたモデルはサーブ900シリーズではないでしょうか?このモデルは欧州Dセグメントにあたります。つまり、メルセデス・ベンツ190EシリーズやBMW 3シリーズ(E30)が商売上のライバルであったわけです。

そのなかでも車両販売価格350万円のi16は、500万円前後が大半であった190Eシリーズや3シリーズに比べて安価な価格設定が魅力でした。クラシックな雰囲気(デビューから10数年経過しているので実際にクラシック)が日本でも人気を博しました。

サーブ900の2.0L 直列4気筒DOHCエンジンのパワーは、NAモデルで125ps、ハイプレッシャーターボモデルで160psを発生しました。駆動方式はFFのみ。輸入された当初は5MTも存在していましたが、後に4ATのみとなりました。

サーブ900 i16 全長×全幅×全高:4680x1695x1425mm

街中にサーブが溢れていたことを思い出す、サーブ900 ターボ16 カブリオレ

サーブ900は、クーペ、セダン、ハッチバック。さまざまなボディバリエーションが展開されており、日本市場にはカブリオレモデルも導入されました。アメリカ市場向けに造られたサーブ900 ターボ16 カブリオレですが、日本もバブル経済真っ只中。車両本体価格590万円という価格にも関わらず、人とは違う、お洒落なクルマとして適度に変化球が加えられたサーブ900 ターボ16 カブリオレは人気モデルとなりました。男性オーナーはもちろん、このクルマを颯爽と乗りこなす女性オーナーも多かったように思います。

筆者がアルバイトしていた都内のウィンドウフィルム施工店にも、ときどきサーブが持ち込まれました。忘れもしないのは鮮やかな黄色のサーブ900 ターボ16 カブリオレを手に入れた大学生のオーナーさんが、このクルマをフルスモークにしてほしいと持ち込んできました。当時、レンタルから販売に移行したばかりの携帯電話(しかもDoCoMo。当時のDoCoMoは高くて契約するのは大変)を所持していたので、ずいぶんと羽振りのいい学生さんだなと思ったことを覚えています。希望通りにフルスモークにしたサーブ900 ターボ16 カブリオレはいっきに「ワル」なクルマへと変貌してしまいました。このサーブと彼はいまごろどうしているのでしょうか…。

サーブ900 ターボ16 カブリオレ 全長×全幅×全高:4680x1695x1425mm

同じスウェーデン産のクルマでも明暗が分かれたボルボとサーブ

ボルボ・カー・ジャパンは先日、KLASSISK GARAGE(クラシックガレージ)という設備をオープンさせました。クラシックボルボ(100/200/700/900)を中心に点検整備や法定点検はもちろん、純正パーツを用いてエンジンの整備などにも対応してくれるとのことです。

このように、インポーターがセーフティネットとなり、古いクルマの維持に努めてくれるのであれば、オーナーも安心です。多くのクラシックボルボが延命することは間違いないありません。

同じスウェーデン産のクルマでも明暗が分かれたボルボとサーブ。数十年後には、サーブというメーカーを知らない人が大半を占める時代が訪れてしまうのでしょうか。

[ライター/江上透 画像出典/Pinterest]

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。外車王SOKENは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事