もはやポルシェ 911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

  1. コラム
  2. 2160 view

ポルシェをベースにしたコンプリートカー製作で知られるメーカーがドイツのRUF Automobile。2017年には “イエローバード” の別名で知られるルーフ CTRの誕生30周年記念として、CTR 2017を発表したのは記憶に新しいところ。そんなルーフ(RUF)の2018年の新作が、SCR 2018です。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

SCR 2018は、伝統的なポルシェ 911のフォルムをまとっているものの、中身はまったくの別物。CTR 2017と同じ完全自社設計のシャシーに自然吸気エンジンを搭載し、6速マニュアルトランスミッションを組み合わせたモデルです。

今回は2018年のジュネーブ・モーターショーで、創業者のアロイス・ルーフ氏が自ら発表したSCR 2018のディテールを紹介。さらにCTR 2017との比較、そして2016年に発表したプロトタイプのSCR 4.2についてもご紹介します。

40年前の1978年に登場した初代SCR

SCRとは “Sports Carrera RUF” の略で、ルーフ社が1978年に当時のポルシェ 911 SCをベースに製作したコンプリートカーがルーツ。初代SCR 3.2では217 psを発揮する3.2リッター・フラット6エンジンを搭載し、車重は1100 kg。フロントにはオイルクーラーとブレーキ冷却ダクトを設けたスポイラー、リアにはホエールテール・スポイラーを装備して、ボディカラーはルーフのイメージカラーであるグリーンに塗られていました。ドイツの「Auto Motor und Sport」誌が当時行ったテストでは、0-100 km/h加速5.7秒、最高速度は255.3 km/hを記録しています。

2016年に登場した964ルックのSCR 4.2

初代SCRの誕生から38年後となる、2016年のジュネーブ・モーターショーで発表されたモデルがSCR 4.2です。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

一見すると964世代のポルシェ 911をベースにしているように見えますが、ベース車両はタイプ993のポルシェ 911。高速走行時の走行安定性を高めるため、ホイールベースは70 mm延長されて2342 mmとなっています。エンジンは同社のRGT 4.2と同じ水冷4.2リッター・フラット6で、最高出力525 ps、最大トルク500 Nmを発揮。トランスミッションは6速マニュアルで、駆動方式は伝統的な後輪駆動を採用。車重1190 kgという軽量な車体により、最高速度は322 km/hに達します。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

ポルシェ 911の古典的な走行感覚を最新テクノロジーでアップデートしたSCR 4.2は、PDKやターボエンジンが当たり前となった現代のポルシェ 911に対するアンチテーゼともいえるモデルでした。

車体構造を一新したルーフ SCR 2018

そしてSCRの最新作がSCR 2018。自社設計のカーボンファイバー製モノコックを採用し、ポルシェ 911とは一線を画した設計が最大の特徴です。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

CTR 2017が最高出力710 ps、最大トルク880 Nmを発揮する3.6リッターの水冷フラット6・ツインターボエンジンを搭載するのに対して、SCR 2018では4.0リッターの自然吸気エンジンを搭載。最高出力は510 ps、最大トルクは470 Nmとなります。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

こちらがジュネーブ・モーターショーで展示されていた自社設計のシャシー。ネオクラシックなボディとは対照的なカーボンファイバー製のモノコックと高張力鋼製の一体型ロールケージ(IRC)が目を惹きます。この軽量・高剛性な車体構造により車重は1250 kgに抑えられ。最高速度は320 km/hと発表されています。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

フロントとリアはスペースフレーム形式で、カーボンファイバーモノコックにボルト止めされます。よく見ると、カーボンファイバーモノコックの左側は前方に長くなっていて、左右非対称であることがわかります。これは運転席のペダルスペースを確保するためで、必然的に右ハンドル化は難しいと思われます。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

サスペンションは、前後ともにダブルウィッシュボーンのサスペンションアームにプッシュロッド式ダンパーを組み合わせたもの。フロントのダンパーは垂直方向に取り付けられています。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

フロントのブレーキシステムは、6ピストンキャリパーと380 mm径のセラミックブレーキディスクの組み合わせになります。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

後方から見ると、リアのスペースフレームがカーボンファイバーモノコックと一体型ロールケージ(IRC)にそれぞれ強固に結合していることがわかります。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

真後ろから見ると、前後のダンパーは垂直方向、後輪のダンパーは水平方向に取り付けられていることがわかります。レーシングカーのようなフレーム構造には、もはやポルシェ 911の面影は感じられません。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

リアのブレーキシステムは、4ピストンのキャリパーに350 mm径のセラミックブレーキディスクを組み合わせたもの。ABSとトラクションコントロールが標準装備されます。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

SCR 2018とCTR 2017の外観を比較してみました。カーボンファイバー製の軽量なボディは、リアスポイラーとホイール以外はほぼ共通です。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

CTR 2017の固定式リアスポイラーに対し、SCR 2018ではリトラクタブル・リアスポイラーが装備されます。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

フロントマスクはCTR 2017とほぼ共通ですが、SCR 2018にはフロントフードに給油口のような丸型のフタが追加されていました。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

リアスポイラーの開口部は964のようなグリルではなく、メッシュ貼りとなっています。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

SCR 2018は、964のポルシェ 911に比べるとホイールベースが70 mm長い反面、前後のオーバーハングを短くしたことで全長は逆に短くなっています。そのため、短いリアオーバーハングに対応して、Bピラー以降のルーフラインが964より急激に下がっているのがわかります。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

センターロック式のホイールは、CTR 2017とは異なるデザイン。ホイールサイズはフロントが8.5J x 19でリアが11.0 J x 19。タイヤサイズはフロントが245/35 ZR 19で、リアが 305/30 ZR 19。展示車両にはミシュランのパイロット・スポーツ・カップ 2が装着されていました。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

インパネはCTR 2017に準じたデザイン。スーパースポーツモデルにありがちなカーボンファイバーだらけのインテリアとは対照的に、トリム全体をアルカンターラ貼りとしています。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

チェック柄のクラシカルな雰囲気がデザイン上のアクセントとなるバケットシート。CTR 2017ではバックレスト角度が調整可能なタイプでしたが、SCR 2018では固定式のフルバケットタイプとなっていました。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

ドアトリムはCTR 2017と同じ簡潔さ。ループを引いてドアを開く儀式は、往年のカレラ RSなどでお馴染みのものです。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

こちらはブース内に設置されていたテーブル/チェアのセット。アイリッシュグリーンとチェック柄の座面は、まさにSCR 2018の内外装に準じた仕上げ。完璧なトータルコーディネートです。

もはやポルシェ911とはまったくの別物!ルーフ SCR 2018はスポーツカーの桃源郷か?

ガラステーブルの下にはホイールとブレーキディスクが配置され、その下の支柱はレザー貼り。こんなこだわりを見せつけられたら、オーナーでなくてもグッときてしまいます。

CTR 2017に続いて、またしてもポルシェ好きの心を鷲掴みにするようなモデルを発表したルーフ。ポルシェ 911のレトロなスタイリングに惹かれつつ、最新のハイパフォーマンスを満喫したいファンにとっては、またとない1台になるはず。ただし、SCR 2018の車両価格は65万ユーロ(約8,450万円)。スポーツカーの桃源郷にたどり着くには、それ相応のお布施が必要なようです。

[ライター・画像/北沢剛司]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人になってしまった自動車ライター。ニューモデルを見るため20年以上ジュネーブ・モーターショーに通う一方、所有したクルマは’80〜’90年代のネオクラシックカーばかり。さらにミニカーやカタログなどの自動車趣味からモータースポーツまで、興味の対象は幅広い。自動車専門誌や一般誌での執筆をはじめ、輸入車関係の仕事などを幅広く手がけている。

記事一覧

関連記事