クルマ買取体験談。買取店はどこをみて価格を決めるのか、知って損はないマメ知識

  1. コラム
  2. 12 view

クルマを売る場合参考にするのが買取相場情報。実はよくある査定サイトなどの査定金額・相場金額は正確でもありますが間違っていることもあります。その理由はクルマの査定金額は車両本体の価値だけでなくオプションや装備品などの付属品や市場の需要によっても変動するからです。例えばマグロの競りではマグロの大きさや重さによって値段が異なります。これをクルマに置き換えると、コンパクトカー、ミニバン、SUV、セダン、ワゴン、スポーツカーなどクルマの志向やスペックによって新車購入時の金額が異なるはずです。クルマの買取でも志向やスペックによってベースとなる買取額はおおよそ決まってきます。それが車種や年式ということになります。

マグロはマグロでも初競りのマグロ、大間の本マグロ、サシが多いマグロなどの付加価値がついているマグロは高価格で競り落とされます。これをクルマの買取に当てはめるとオプションパーツ、パッケージオプション、本革仕様、ナビゲーション、ETCなどの付属品ということになります。付属品がついているクルマの買取価格がアップするのは付加価値がついているからです。査定サイトの査定額は細かいオプションや付属品が含まれていない可能性があります。よっておおよそのクルマの価値を知るためには査定サイトなどの査定額は参考になりますが所有しているクルマの本当の価値は実際にクルマをみてもらって査定してもらう方が良いと言えるでしょう。

買取店側のリアルなチェックポイントとは?

買取店が査定をするときにどんなところをみて評価して価格を決めているのかを5つに分けて詳しく説明していきます。まず、メーカーや車種、グレードをチェックします。この時に見るのは車検証とクルマのエンジンルーム内などにあるコーションプレートを見ます。コーションプレートは名刺よりもひとまわりほど大きいサイズの金属プレートです。コーションプレートにはモデル型式、エンジン型式、車体番号、ボディカラーなどの重要情報が刻印されています。いわばクルマの戸籍みたいなものです。

次に車検証に記載されている初度登録年月、累計走行距離を見ます。初度登録年月がいわゆる年式といわれるものです。累計走行距離はODOメーターで確認できます。これらの情報により現在の車両価格がおおよそ割り出すことが可能です。3つめは外装です。ボディカラー、キズ、へこみ、汚れなどをチェックします。ボディカラーによっては加点される色もあります。キズやへこみは面積やへこみ具合によって減点されます。4つめは内装です。内張りやシートの汚れ、シミ、穴、へたり具合、匂い(タバコ、ペット)は減点の対象となります。クルマは使えばキズがついたり多少の劣化は避けられません。そのため経年劣化によるものは減点されないこともあります。5つめは装着パーツや装備品。外装での装着パーツとして、エアロパーツ、ホイール、マフラーなどがあります。車検対応で人気のあるパーツは査定額も高額になる場合があります。メーカー直系のアフターパーツやチューニングメーカーのコンプリートモデルは高額になる可能性が高まります。

ホイールに関しては社外品であっても有名メーカーのホイールなどはごく稀にプラスしてくれる買取店もあるようです。しかし一般的には純正品でなければ加点してくれない場合がほとんどのようです。ホイールを履き替えたとしても新車装着時のホイールは保管しておくことをおすすめします。内装の装備品としてナビゲーション、ETC、バックカメラ、本革などがあります。ナビゲーションはナビの種類によって加点される点数が異なります。ETCやバックカメラは装着していてマイナスになることはありません。本革仕様のシートは加点されることもあります。これら5つを買取店ではチェックし買取額の計算をしているのです。

実は大事な高評価ポイント

車を手放すときに実は大事なものがいくつかあります。まずは記録簿(正式名称は定期点検整備記録簿)です。車検証と一緒に保管されていることが多くクルマによってはメンテナンスノートと表紙に書かれているものが記録簿になります。記録簿には初回点検や12ヶ月点検、車検などの整備内容が記載されています。いつ、どこで、どのような点検整備を行ったのかを知ることができます。また記録簿とセットになっているのが保証書。保証書がなければメーカー保証を受けることができなくなることもあるのでなくさないように気をつけてください。次に大事な物が取扱説明書です。クルマの取り扱いが書かれているもので車種によっては分厚く重たいものもあります。これまで説明してきた記録簿、保証書、取扱説明書が3点セットになっていると査定で加点されます。3つめはキーナンバープレートです。新車購入時に複数のキーを渡されることがほとんどですが、キー共にキーナンバーが刻印されたプレートも渡されます。このプレートをなくしてしまうとスペアキーを複製することが難しくなるだけでなくクルマの盗難に遭う可能性が高くなるのでキーナンバープレートはしっかりと保管するようにしましょう。またクルマを手放すときはキーナンバープレートも一緒に渡すようにしましょう。

Aさんのクルマ買取体験

Aさんは2011年にBMW320iを購入。ボディカラーはBMWらしいブルーを選択。Aさんはクルマ好きであったため大切に乗っていました。7年目(2018年)の車検が近づいてきたときに査定をしました。Aさんは、クルマもだいぶ古くなってきたし最新の安全装備が搭載されたクルマに乗り換えて安全で快適なものに変えるか、そのまま乗り続けるか査定額と新車見積りによって決めようとしていたのです。査定の結果は5年以上経過していたことが影響し査定額は思うような数字を下回る金額でした。大切に乗ってきて手入れも欠かさずにしてきたAさんは肩を落としながら新車の見積りと査定結果を持って帰りました。諦めきれなかったAさんは車買取専門店へ車を持ち込み再度査定をしました。

すると査定額が10万円ほどアップしたのです。Aさんが訪ねた買取専門店はBMWのことをよく知っている買取店であったこともあり大切に乗ってきたことやメンテナンス記録など見落とされることなく査定額へ反映されたのです。この事からもわかるように査定は特異な車種がある買取店にすることが重要です。また、メンテナンス記録である記録簿をしっかりと付けてもらえる整備工場で整備をすることでクルマを売るときにメンテナンスをしていた証拠として提示することが可能になります。さらにボディコーティングやワックスがけなど日常の手入れを欠かさずにしていたAさんのBMW320iはボディの状態が良く査定額アップにもつながったようです。

Bさんのクルマ買取体験

Bさんはトヨタアクアを2013年に購入しました。燃費の良さと静かな走りを気に入っていましたが、少し手狭であることと高速道路での安定感に不安があり高速道路でも安定して快適に走れるひとまわり大きいクルマを探していました。カーディーラーでの査定はいまいち金額が良くなく、買取店へ持って行きました。すると査定額が30万円もアップ。ハイブリッドカーということと人気のあるコンパクトカーであったため高額査定を実現しました。

Bさんは「査定額がわかる書類をもらって他店で競合させると買取店だけでなくカーディーラーでも買取額をアップしてくれました。何ヵ所もカーディーラーと買取店を巡って納得ができる金額までアップできてよかった」と話しています。このケースの場合では買取店に競合させることが買取額アップに繋がりました。Bさんのアクアは1年ちょっとしか乗っていないにも関わらず20,000kmを越えており過走行という扱いでしたが、市場でのハイブリッドカー人気とコンパクトカー人気という需要をしっかりと買取店で見きわめられたことが買取額アップのポイントとなったようです。さらに車検がまだ1年以上残っていることも買取額アップに繋がった要因のひとつ。車検ギリギリよりも車検期限が残っている方が余裕をもって買取店巡りや新車購入など焦ることなくじっくりと考えることができます。

クルマの売却は慎重に

最近の買取店は車種専門、カテゴリー専門(SUV専門、外車専門、アメリカ車専門など)、メーカー専門の買取店もあります。クルマを売却するときはカーディーラーだけでなく買取店もしくは専門買取店などへ行き査定をしてもらうことがポイント。また査定時や売却時に必要な書類や備品が車に備え付けられているかということも改めてチェックすることが必要です。

[ライター/齊藤 優太 画像/写真AC]

齊藤 優太

1991年生まれ、静岡県出身。ガソリンスタンドでのアルバイトをきっかけに車に興味を持ち始める。大学卒業後、自動車販売、教習指導員(教習所の教官)の経験を経て、運転の楽しさや車の魅力を伝えるべくライター活動を開始。自身も車でどこでも行くほどの運転好き。趣味はドライブ、洗車、音楽。

記事一覧

関連記事