わたしは21世紀のカセットコンロがきっかけで「輸入中古車評論家」の看板を下ろした

わたしは以前「輸入中古車評論家」を名乗り、基本的には古めのクルマすなわち絶版車を愛好する生活を送っていた。だが近年は、手持ちの絶版車をアッサリ売り払ったうえで新車を購入。そして「新車のレポート」みたいな仕事も、恥ずかしげもなく受注している。きっかけのひとつはカセットコンロだった。21世紀のカセッ…