当たりか、外れか?ついに見つけたメンドーサブルーのフルビア・クーペをイタリアへ見に行ってきた

  1. コラム
  2. 48 view

今回、私が見に行くことに決めた1972年式ランチア・フルビア・クーペ・シリーズ2は、南イタリアの港町バーリの郊外にあった。私が住んでいるドイツ中西部の街からは、陸路で約1700キロ。

今回は、クルマを確認することが目的なので飛行機で行くことにした。ヨーロッパに住んでいると、格安航空会社のお世話になることが多い。今回は有名なアイルランドの会社、ライアンエアーを使い、たった15ユーロ(日本円換算で約2000円)でオランダのマーストリヒト空港からバーリ国際空港に移動することができた。ただし、安い故にローカル空港発着だったり、時間帯は不便な場合が多く、今回のバーリ着は深夜だった。

物々しい警備体制のバーリ空港

バーリに行ったことがある人にはわかると思うが、お世辞にも治安が良さそうとは言えない街だ。ちょうど日本から麻生財務大臣も参加したG7の会期中ということもあり、空港から街までの道路は至るところで軍警察が検問を行っていた。

翌日、空港でレンタカーを借りて売り物のフルビアがある内陸の街に移動。指定された待ち合わせ場所には、ブローカーのおじいさんがボロボロの初代スマートで現れた。クルマが置いてあるという場所に向かうと、ガレージというよりは大きな屋敷の1室がクルマ置き場になっている場所であった。そこには大理石のタイルの上に鎮座した多数のクラシックカーの中に、美しいメンドーサブルーのフルビア・クーペがいた。

ついにフルビアとご対面!

はやる気持ちを落ち着かせ、各部を隅々まで点検させてもらう。

外装は再塗装されているようで、かなり綺麗に見える。フルビアで錆が良く発生するリアフェンダー手前やドア下部にも、しっかり磁石がつくことから、パテの厚盛りや、藁と新聞紙で穴埋めするようなイタリアンレストレーションでは無さそうだ。フロントグリル周辺には、たくさん虫の死骸が着いている。しっかり走れていることの証拠だろう。室内に移ると、メーターのアクリル板に曇りが出ており、シートやドアトリムには破れもある。味が出てるともいえるが、個人的には綺麗に修理したいところだ。カーペットを持ち上げてフロアの様子を見てみても、アンダーコートが綺麗に貼られ、錆びも問題無さそうだった。懐中電灯で下回りを照らしてみると、ブッシュや、エンジンマウントのゴム系部品には細かい亀裂が入っているのが確認できるものの、それ以外に怪しい場所は見当たらなかった。(後日、ここに大きな落とし穴があったことに気付かされるのだが…)

続いて、周辺の道路で走行テストもさせてもらう。エンジンの調子は、以前乗せてもらったフランスのクルマよりも気持ちよく回り、そして力強い。普通のクルマの1速の位置にリバースギアがあり、2速の位置に1速がある、レーシングパターンとも言われる特徴的なシフトパターンをもつ5速トランスミッションは、シンクロの摩耗やギアノイズもなく気持ちよくギアチェンジできた。

ステアリングは、切り始め、戻し始めに遊びがあり、タイロッドジョイントが摩耗しているようだった。遊びの原因がホイールベアリングさえなければ、軽整備で交換できるだろう。ブレーキは、片効きすることなく、しっかり4輪ロックするまで効くことが確認できた。サイドブレーキは、引き代が大きく甘いが何とか効いているので、左右どちらかのワイヤーが切れているのかもしれない。こちらも簡単な整備で直るはずだ。(後に、フルビアのサイドブレーキワイヤー交換は、相当面倒くさい作業であることを身をもって知った…)

試乗から戻り屋敷の前にたたずむフルビア

ここまで見たところ、売主のいうとおり完璧な状態のクルマではないが、変な改造がまったくされておらず、軽整備と内装のレストアを行えば、確実に極上車に仕上がると感じた。イタリアの車検証や、整備記録の中に、ASI(イタリアクラシックカー協会)の認定書も入っていた。幸いこのクルマはイタリア国内の相場でも安いほうだった。修理費用とドイツまでの輸送コストを多めに見積もり、もしどこか見落としたところがあって、更に修理費用がかさんだとしても、ぎりぎり予算内に収まりそうである。そういったことも安心材料になり、ついに購入を決めたのだった。

イタリア人の友人に、電話で話し合いに入ってもらい、契約書に車両の総額、今回手渡す手付金の額を記載し、後日引き取り時に残金を振り込むとして、売主と自分でサインした。

メンドーサブルーにも見えるアドリア海とポリニャーノ・ア・マーレの街

帰りの飛行機まで時間があるので、バーリに戻る方向で観光することにした。そう遠くないところに、ポリニャーノ・ア・マーレというアドリア海に面した風光明媚な海辺の町があった。有名なシーフードのお店は改装中で、ランチは食べ逃してしまったが、ランチアのメンドーサブルーのようなアドリア海を眺めているだけで、お腹も心もいっぱいになったのだった。

[ライター・画像/林こうじ]

林こうじ

ドイツ在住の自動車技術者。某国産自動車メーカーを経て、現在はドイツ系サプライヤーで設計を手がける。夢は自らの少量生産自動車メーカーを起業し、本当に乗りたいクルマを作ること。

記事一覧

関連記事