50g単位の軽量化を目指した993RSは、空冷ポルシェ911最後のレンシュポルト

  1. コラム
  2. 783 view

ポルシェ911カレラRS(以下、993RS)には、2種類のモデルが存在しました。控えめなフォルムを纏った「ストリート」バージョンと、外装に専用のエアロパーツを装着し、内装のカーペットを取り払い、難燃性素材のフルバケットシートやロールケージが組み込まれた「クラブスポーツ」バージョンです。

なお、日本市場に正規輸入された993RSは、クラブスポーツバージョンの外装に、ストリートバージョン向けレザー素材のレカロ製フルバケットシートや、エアコン、オーディオ、エアバッグなどを備えたオリジナルの仕様となっています。日本に正規輸入された993RSが海外で人気を博しているのは、このあたりの「いいとこ取りモデル」であることも理由のひとつといえそうです。

ストリートバージョンの車重は1373kg、対してクラブスポーツバージョンは1270kg。空冷水平対向6気筒SOHCsエンジンは、ノーマルのカレラより200cc増しの3.8L。最高出力は、カレラの272psに対して、RSは300ps。100kgの車重差と30ps弱のパワーアップは、クルマの挙動にも影響を及ぼします。トランスミッションは6MTのみ。快適装備が備えられたバージョンが存在するとはいえ、硬派なモデルであることに変わりはありません。

993RSのエンジンには、可変吸気機構「バリオラム」が装着されています。その名のとおり、エンジンの回転数に応じて空気を吸気させる量を制御する機構であり、中速回転域でのトルクアップを実現。この「バリオラム」は、1996年および1997年モデルの3.6Lエンジンにも採用されました。

ポルシェ911ターボ3.6(964)を思い起こさせる、赤くペイントされたブレンボ製ブレーキキャリパーを993RSにも採用。スピードライン製の3ピース構造の18インチホイール。タイヤサイズは、フロントが225/40ZR18、リアが265/35ZR18となります。

フロントスポイラーは、993GT2と993RSクラブスポーツバージョンは同形状。可変式のウィングを備えたリアスポイラーは、993GT2のそれとは異なる、993RS専用品となります。

クラブスポーツバージョンの最高速は280km/h。0〜100km/h加速は4.9秒と、現代のAMGやAudi RSシリーズなどのハイパフォーマンスモデルの方が性能上においては圧倒的に上回っています。しかし、ノーマルのカレラに対してフロントで30mm、リアで40mm低められた車高、純レーシングカーである993カップカーとほぼ同じエアロパーツを纏ったフォルム。何より、車重1300kg前後という軽量な仕立て。筆者も運転させてもらった経験では、「最初のひと転がりが軽いこと」に感激した記憶があります。ライトウェイトスポーツそのもの…では大げさになりますが、明らかにクルマが軽いことが実感できたのです。

993RSの末裔にあたる(といってよい)991GT3RSの最高速は310km/h。0〜100km/h加速は3.3秒。4Lエンジンは500psをたたき出します。もはや、筆者を含めた一般ドライバーが性能を存分に引き出すのは不可能に近い性能でしょう。

並み居るスーパーカーたちと渡り合える性能を持つ最新の991GT3RSを手にするか、結果的に空冷911最後となった993RSのオーナーとなるか。そんな夢想をしてみたとき、果たしてどちらのモデルを選ぶのでしょうか?筆者はおそらく993RSを選んでしまうような気がします。「最新は最良」であるはずだと悩みながら…。

[ライター/江上 透 画像出典/Pinterest]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事