当時のジャガーが威信をかけて世に送り出した「ジャガーXJ220」

  1. コラム
  2. 280 view

220マイルという、現代においても限られたモデルでしか到達することのできない速度領域。いまから20年以上も前に、本気でこの速度域に到達することを試みたモデル、それがジャガーXJ220。当時のジャガーが威信をかけて世に送り出したモデルなのです。

■車名の「220」は、最高速度220マイルを意味する■
1988年イギリス・バーミンガムショーにてデビューを果たしたジャガーXJ220(以下、XJ220)。当時のレーシングカーそのものといえるフォルム、コノリー社製レザーに覆われた豪華な内装。車名の「220」は、最高速度220マイル(354.05キロ)を意味しており、まさに当時のジャガーが威信をかけて世に送り出したモデルといえます。

■世界最速モデルの称号を手にしたXJ220■
イギリスの自動車専門誌「Car」が、イタリア・ナルドサーキットで開催した世界最速モデルを決めるテストにおいて、XJ220は212.3マイル(約349.2キロ)を記録し、当時の世界最速モデルの称号を手にします。3リッターV6ツインターボエンジンの最高出力は542馬力。0-100キロ加速は3.9秒。XJ220は、現代のスーパーカーと比較しても遜色ないレベルの性能を誇っていたのです。

■世界の好景気をあおりを受け、注文が殺到したXJ220■
XJ220のイギリスでの価格は、税抜きで34万ポンド。性能だけでなく、価格もスーパーカークラスであったにも関わらず、世界中から注文が殺到。完売となります。そこでメーカーより、当初の予定より増産し、350台のXJ220を生産するとアナウンスされます。その内訳は、イギリスが104台、フランスが40台、ドイツが37台、スイスが21台、日本は17台で、残りは世界各国へデリバリーが決まっていました。

■運命に翻弄されたXJ220と現在■
しかしその後、世界が不景気へと転じ、注文のキャンセルが相次ぎます。既にバブル経済が崩壊していた日本においても、並行輸入という形でわずかの台数が上陸を果たします。現在も少なくとも数台のXJ220が日本に生息しており、ごく稀にではありますが街中でその姿を見掛けることができます。また、ネオクラシックの領域に入りつつあるXJ220は、その市場価値から海外のオークションなどでも評価が上がり始めており、今後もその傾向は加速していくものと予想されます。

いかがでしたか?現代のスーパーカー事情とは異なり、選択肢が限られていたなかで、17台ものXJ220が日本へ割当てられたことが驚きです。当時注文を入れた方が、XJ220に対して何を求め、どのような期待を込めて契約書にサインをしたのか?とても興味深いです。

[ライター/江上透 画像出典/Pinterest]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。カレントライフは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事