車の買い替えタイミングと査定の関係。今の時代査定も進化して色々な方法がある

  1. コラム
  2. 63 view

車に乗っていれば新しい車が登場したり現在乗っている車よりも魅力的な車が誕生するなど日々車も進化しています。今回は車の買い替えや乗り換えと車の査定の関係について詳しく掘り下げていきましょう。

車の買い替えや乗り換えのタイミング

まずは車を乗り換えたり買い替えたりするタイミングはどんなタイミングなのか考えていきましょう。車を乗り換えるタイミングは大きく分けて3つあります。

1.車検のタイミング
2.車の不具合
3.生活環境の変化

この3つが車を買い替えたり乗り換えたりする代表的なタイミングといえるでしょう。

<車検のタイミングで買い替える>

車検が近づいてきて気になる車がタイミングよく見つかると新しい車に買い替えようと考えるオーナーも多いことでしょう。新車購入ならば初回3年、以降2年ごとに必ず受けなければならない検査が車検です。車検には車検整備費用・法定費用(税金関係)・検査費用など多くの費用がかかります。さらに長い年数乗り続けていると消耗品や交換部品が多くより多額の費用がかかることもあるでしょう。多額の費用をかけて乗り続けるのであればいっそのこと買い替えや乗り換えをして安心して乗ることができる新しい車にしようと考えることが多いでしょう。

<車の不具合によって買い替えせざるをえなくなった>

長い間同じ車に乗り続けているといつかは訪れる車の不具合。機械面での不具合は交換部品やメンテナンスで調整することができもうしばらく乗り続けることができるでしょう。しかし、時には手に負えない不具合が発生することもあります。例えば交換部品が製造されていなかったり、費用が高額になってしまうケースなど様々な要因が重なり買い替えや乗り換えをしなければならなくなってしまうことがあります。

<生活環境の変化で車を買い替える>

生活環境の変化によって2人乗りの車からファミリーカーへ買い替えや乗り換えをしなければならなくなってしまったり、大きいファミリーカーからコンパクトな車へ買い替えや乗り換えをしなければならなくなってしまったりするといった生活環境の変化や趣味・趣向の変化によって車を買い替えることや乗り換えることもあるでしょう。

このように車検の時期や車の不具合のタイミング、環境の変化によって車を買い替えるタイミングが来たときに現在乗っている車の価値を知る必要があります。その理由は、現在の車の価値をお金に換え次の車の頭金にするといった方法を選択するパターンやローンで車を購入している場合には残債と呼ばれるローンの残り金額と車の現在の車の価値で相殺できるかどうかといった計算をすることもあるでしょう。頭金として使うにしても、ローンの残債を相殺するにしても現在の車の価値を知らないことには話が進みません。そのために車の査定が必要なのです。

車の査定にはどういった方法があるのか

査定というとなんだか手間と時間がかかって面倒だと考えてしまうこともあるでしょう。しかし、現代では面倒な交渉などがない簡単な査定もあるのです。

ではそもそも査定とは何なのか、どんな方法があるのかを改めて確認していきましょう。査定とは現在の車の価値を知るために現時点における車の価値を評価してもらうことです。車の査定には大きく分けて3つの方法があります。

1.持ち込みによる査定
2.出張査定
3.画像と情報だけによる査定

上記3つが主な査定方法です。ここからはそれぞれの特徴を見ていきましょう。

<持ち込みによる査定>

持ち込みによる査定はカーディーラーや買取店などの店舗に現在乗っている車を持ち込んで細かく評価してもらう方法です。この方法は最も定番な方法で多くの人が査定というと思いつく方法なのではないでしょうか。メリットは車両を持ち込み査定をしてもらうため細かくチェックすることができ正確な評価をしてもらうことができます。デメリットとしては車両を持ち込まなければならないため手間と時間がかかるということです。

<出張査定>

出張査定は査定をするスタッフが自宅など査定をする車両が置いてあるところまで来てくれ、査定をしてくれるという方法です。メリットは車両を自ら持ち込むことがないため持ち込みの手間を省くことができます。デメリットとしてはスタッフが訪問し買取の交渉をするということもあり売却するまでしつこくされるといったこともあるようです。査定の質の面では持ち込みによる査定と出張査定は大きく変わりありません。

<画像と情報だけによる査定>

近年多く見られる査定方法が画像と情報だけによる査定であるノールック買取査定です。この査定方法は車の画像と車の情報を入力するだけで査定ができるという新しい査定です。持ち込みや訪問がなく交渉の手間もありません。日々忙しく、早く査定してもらいたい人にはピッタリの査定方法です。メリットは対面することがなく面倒な持ち込みや訪問、交渉をしなくて良いということ。デメリットは持ち込み査定や出張査定に比べると正確性が若干欠けるということです。最近では正確性を重視したサービスを展開しているサイトもあるためノールック買取の質は日々向上しているといえます。

それぞれの査定方法でメリットやデメリットがありますがインターネットが普及している現代で最も簡単な査定方法はノールック買取査定が簡単な方法といえるでしょう。おおよその買取価格を知るのであれば簡単査定のインターネットによるノールック買取査定。より正確に細かく評価してもらいたいのであれば出張査定や車両を持ち込んで査定する方法が良いといえるでしょう。

車の査定は簡単な時代に突入

車の査定には時間と手間がかかるといったことがこれまでの常識でした。しかし、インターネットや携帯電話、スマートフォンの普及によりこれまでの査定の常識が変わりつつあります。携帯電話やスマートフォンのカメラ精度は高く細かい部分まで映る高性能カメラが搭載されています。都会やコンビニではWi-Fi環境が整い、スマートフォンやタブレットは大容量通信まで可能になっています。このような変化からも車の査定は簡単にスマートになっていく時代に突入したといっても過言ではないでしょう。そのきっかけともいえる査定方法がノールック買取査定ということができます。車の売却・買い替え・乗り換えを考えているのであればまずインターネットによる査定を申し込んでみるのも良いかもしれません。

[ライター/齊藤 優太 画像/写真AC]

外車・輸入車買取の新常識!
持ち込み、訪問なしの簡単査定! 外車王スピード査定依頼

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事