車の買い取りの際の最強のアイテム「見積り」を活かすには?しかし注意点もある

  1. コラム
  2. 74 view

車を買い替えたり乗り換えたりする時に悩むことといえば「今の車をどうしようか?」ということだと思います。せっかく買い取ってもらうなら少しでも高く買い取ってもらったり納得した金額で手放したいと誰しもが考えることでしょう。今回は車を買い取ってもらう時どこへ相談するのが良いのか、買い取り額が記載されている買い取り見積もり書などは実は最強の武器であることを解説していきます。

車を買い取ってもらう方法一覧

まずは一般的に車を買い取ってもらうときどのような方法があるのかということをおさらいしておきましょう。
1.カーディーラー
2.買い取り専門店
3.個人売買
上記の3つが車を買い取ってもらう時の主な方法です。

〈カーディーラーでの下取り〉

次に乗りたい車の候補があれば新しい車はどんな車なのか見に行ったり試乗をしたりすることがあるでしょう。その時にほとんどの場合「今お乗りのお車の価値を知るためにお車を見させてもらっても良いですか?」といったセリフを聞くことがあるでしょう。これが下取り査定です。カーディーラーでの下取りはあくまでも新車販売のための手段にしか過ぎません。よって思っていた金額よりも安いの買い取り見積もり額が提示されることがよくあります。「下取りはこの金額ですが、もう少し新車のお値引き頑張ります」や「付属品をサービスします」と新車販売に結びつくセールストークで安く車を買い取り新車の販売をすることがほとんどです。(筆者自身もこの方法によって車の買い替えをした経験があります。)カーディーラーでの下取りは下取り車の見積もりつまり買い取り見積もりから売却、新車購入までひとつの店舗で完結するというメリットがありますが現在乗っている車を正当な価値で買い取られない可能性が大いにあるといったデメリットがあります。

〈買い取り専門店での買い取り〉

買い取り専門店での買い取りには3つの方法があります。

•店舗に持ち込んで買い取ってもらう
•出張査定により自宅などで買い取ってもらう
•インターネットなどを使った持ち込みや訪問なしの買い取りや買い取り見積もり

上記の3タイプに分けることができます。どの方法であっても買い取り専門店は車の買い取りが主な業務になるため車の真の価値や付属品の価値を正しく見極めてくれるといつメリットがあります。一方、インターネットなどの一括査定や訪問査定ではしつこい連絡や訪問に悩まされることもあるようです。ただし全ての買い取り業者がしつこいというわけではないのでインターネットなどで口コミや評価を見てどの業者に買い取り見積もりを依頼するのかを見極めることが大切です。

〈個人売買〉

個人売買は個人対個人で車の買い取りや売却をすることです。友達や知り合いから車を買ったり譲り受けたりすることが個人売買の典型です。近年ではインターネットの個人売買サイトを利用して車を売り出すケースも増えてきました。カーディーラーや買い取り専門店など業者を仲介しないため割安に購入できるメリットがあります。安く良い車を手に入れられるのであればこれ以上の喜びはありませんがインターネットでの個人売買には注意が必要です。その理由は隠された欠陥がある可能性が非常に高いからです。修復して見た目はすごくキレイだけど実は事故車だった、実は電装パーツ(パワーウィンドやサンルーフのチルトなど)が動かなかったなど手に入れたあとで気づくことがありケースによっては大きなトラブルに発展する可能性が非常に高いのです。知っている人から売買するのであれば人としての信頼関係に繋がるため大きなトラブルは少ないかもしれませんが見ず知らずの人からの売買には細心の注意が必要であることは忘れてはなりません。

車を買い取る時どこに相談するのが良いのか

では車の買い取りをしてもらう時にはどこに相談するのが良いのでしょうか。答えは買い取り専門店に相談するということ。買い取り専門店であれば車としての価値、付属品や装着されている装備の価値を正しく評価してもらうことができるからです。さらに買い取り専門店を選ぶ時のポイントはそれぞれの買い取り専門店がどんな車を得意としているのかということをしっかり把握することです。

国産車が得意な買い取り専門店、外車・輸入車を得意としている買い取り専門店、特定のメーカーや特定の車種を得意としている買い取り専門店などさまざまです。それぞれの買い取り専門店がどのような車を得意としているのかはインターネットなどで調べたりすると簡単に見つけることができます。一般的に国産車の買い取りは得意だけど外車・輸入車は苦手という買い取り専門店が多いようですので外車・輸入車オーナーは特に買い取り専門店選びには慎重になる必要があります。

買い取り見積もりは武器

実際に査定をしてもらった際に「希望金額と合わない」場合は見積もり書をもらうか写真を撮っておくと、あとで他店に査定に行った際に役に立つ可能性もあリます。場合によっては他社での見積もりを見せてくださいと問われる可能性もあるためそれぞれの見積もり額、つまり証拠となる額面は確実に残しておいておく方が良いでしょう。しかし、見積もりは武器といってもそれは価格に納得行かなかった場合にのみその後の武器となる可能性があります。提示金額が希望通りであれば見積もりは取っておく必要はありません。

また、注意しなければならないのは、他店の査定額の見積もりがあっても、その買取店がそれ以上の査定額を提示してくるとは限りません。ここは勘違いしやすいポイントと言えます。

車の買い取りまとめ

車を買い取ってもらう方法、車の真の価値を正しく評価してもらうためにはどこに相談した方が良いのか、買い取り見積もりが武器になることを解説してきました。特に買い取りしてもらう車の金額は口頭での説明や電話での説明で終わってしまうことが多いため見積もりの額面が明記されている証拠を保存していないことが多いかもしれません。しかし買い取り専門店同士で競合させるためにも車の買い取り額が記載されている見積もりは保存しておくことをオススメします。書面で渡してもらえないようであればメールやメッセージで送ってもらうと良いでしょう。

[ライター/齊藤 優太 画像/写真AC]

外車・輸入車買取の新常識!
持ち込み、訪問なしの簡単査定! 外車王スピード査定依頼

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
カレントライフ編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがない方々にも幅広く魅力を伝えられるよう記事を執筆中。ドイツ駐在員が貴重な情報をお届けするドイツ現地レポも随時更新してます。

記事一覧

関連記事