日本に10台のみ輸入された希少車、BMW M3(E30) AC SCHNITZERに魅せられる

  1. コラム
  2. 2006 view

BMW M3としては初代モデルにあたるE30型は1985年にデビューし、1990年まで生産されました。気づけば誕生してから30年という年月が過ぎ去ったことになります。その間に5回のモデルチェンジを重ね、搭載されているエンジンも、4気筒から6気筒、8気筒を経て、再び6気筒となりました。現代のBMW M3(F80型)は4ドアセダンであり、クーペモデルはBMW M4へと改められました。

BMW M3(E30)とは?

前述のように、意外にもBMW M3(E30)は5年ほどしか造られていないモデルです。搭載されている2.3L 4気筒エンジンは、のちにツーリングカーレース参戦のホモロゲーション取得用のモデルとなる、スポーツエボリューションモデルへと発展。このモデルには2.5Lエンジンが搭載されました。初代BMW M3(E30)は正規輸入車として販売されており、また日本でもグループAやグループNマシンとして活躍したことを覚えている方も多いことでしょう。

熱狂的なBMWフリークはもちろん、スポーツカーファンならつねに気になる存在であろうBMW M3(M4)。今回はその原点にあたるE30型のなかでも、もっともスペシャルな1台かも…しれないモデルを取材する機会を得ました。そのモデルとは、「M」と「AC SCHNITZER」というダブルネームを持つコンプリートカー「BMW M3 AC SCHNITZER S3 SPORT 2.5」です。

AC SCHNITZERといえば1987年に創設され、E30現役当時は「アダルトシック」というコンセプトを打ち出し、日本でも人気を博したBMWチューナー。ホイールやステアリング、エアロパーツなどを販売しているイメージが強いAC SCHNITZERですが、当時からBMWをベースとしたコンプリートカーを製造・販売していたのです。

そこで今回は、日本に10台のみ輸入されたという、非常にレアな個体のディテールをご紹介いたします。

BMW M3(E30) AC SCHNITZER M3 S3 SPORTの外観

BMW M3 AC SCHNITZER M3 S3 SPORT 2.5
▲車体斜め前より。一見すると、オリジナルのE30型BMW M3と同じです

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲フロントグリルのバッジは、「M3」から「AC SCHNITZER」に変更されています

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲サイドから。抑揚のあるボディラインが美しいです

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲フロントグリルのアップ。AC SCHNITZERのバッジが誇らしげです

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲ヘッドライトワイパーを装備

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲リアからの眺め。このフォルムに憧れた方も多いはず

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲フロントフェンダーのアップ

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲斜め後ろから見た、リアフェンダーのライン

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲斜め前から見た、リアフェンダーのライン

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲サイドから見たリアフェンダーのアップ

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲リアスポイラーのアップ

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲リアにもAC SCHNITZERのエンブレムが。マフラーもAC SCHNITZER製

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲オリジナルのE30 M3はデュアルタイプマフラーですが、このモデルはオーバル形状

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲コンプリートカーの証である、S3 SPORT 2.5のエンブレムが!

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲ホイールはBBS製。キャップがiding製となっています

BMW M3(E30) AC SCHNITZER M3 S3 SPORTのエンジンルーム

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲E30型のBMWはこのようにボンネットが開閉しました(懐かしい)

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲BMW MエンジンをベースSCHNITZERがチューニングしたエンジン!

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲タワーバーも AC SCHNITZER製

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲コンプリートカーの証であるプレートがエンジンルームに貼られています

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲この状態で撮影していたら故障していると勘違いされました(違います)

BMW M3(E30) AC SCHNITZER M3 S3 SPORTの内装

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲明るいグレーのレザーで統一されたシートとドアまわり

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲助手席側からの眺め。意外とシフトノブが長いですね

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲メーター部分のアップ。約30年(1988年式)でこの距離は少なめです

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲車内にもコンプリートカーの証であるプレートを発見しました

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲ステアリングのホーンボタンにもAC SCHNITZERのロゴが!

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲シフトノブまわり。E30型オーナーには懐かしいウインドウの開閉スイッチもこの位置に

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲シフトノブもAC SCHNITZER製。なんとレーシングパターンなのです

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲ルームミラー上にある警告表示パネル

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲シンプルなセンターコンソールまわり。しかもカセットデッキ(!!)です

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲カセットテープを収納するケースが年代を感じさせます

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲ペダルまわり。フットレストもAC SCHNITZER製

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲運転席から見たリアフェンダーの張り出し具合

BMW M3(E30) AC SCHNITZER
▲運転席から振り返ったときの眺め。スポイラーが視界に入りますね

BMW M3(E30) AC SCHNITZER M3 S3 SPORT 2.5のスペック

BMW M3(E30) AC SCHNITZER

BMW M3(E30) AC SCHNITZER

■AC SCHNITZER M3 S3 SPORT 2.5
・水冷直列4気筒DOHC16バルブ 2431ccエンジン
・最高出力 245hp/6750rpm
・最大トルク 27.8kgm/4700rpm
・最高速度 245km/h
・0-100km/h加速 6.3s
・新車時価格 950万円(税別)
出典:http://www.garagecurrent.com/

■BMW M3(E30) M3 Sport Evolution
・水冷直列4気筒DOHC16バルブ 2467ccエンジン
・最高出力 238hp/7000rpm
・最大トルク 24.5kgm/4750rpm
・最高速度 248km/h
・0-100km/h加速 6.5s
・世界限定601台 新車時価格 85,000独マルク(およそ800万円)

■BMW M3(E30)
・水冷直列4気筒DOHC16バルブ 2302ccエンジン
・最高出力 200(195)hp/6750rpm
・最大トルク 24.0(23.5)kgm/4750rpm
・最高速度 235(230)km/h
・0-100km/h加速 6.7(6.9)s ※()内は触媒付仕様
・新車時価格 658万円(税別)

マニアが熱狂するBMW M3(E30)でも、興味がない方からすれば「BMWかな?」くらいの控えめな存在です。しかし「分かる人には分かる」のか、通行人や対向車のドライバーなど、E30型M3だと気づいたひとの反応がオーバーリアクションでこちらが驚きました。BMW M3(E30)だと気づくと、大きく目を見開き「!!!」といった表情をしている方ばかり。やはり人気があります。筆者がいま高校生だったら、必死に自転車をこいで追い掛けていますね(笑)。さらにこの個体がAC SCHNITZERコンプリートカーと知ったら、さらに驚いたに違いありません。

輸入車のご売却は、なんでもご相談ください!

「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車の高価買取が可能。愛車のご売却はなんでもご相談ください!

売却相談はこちら
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作や、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。外車王SOKENは2015年より参画。副編集長を経て、2019年、編集長に就任。現在の愛車は、1970年式ポルシェ911Sと2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン。9月11日生まれの妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

記事一覧

関連記事