あなたはキャッシュ派?ローン派?貯金の半分をクルマ購入に突っ込む人は多いのか

  1. カーゼニ
  2. 1346 view

自動車を愛好する者らの間で昔から尽きぬ議論のひとつに、「クルマを買うならキャッシュかローンか?」というのがある。キャッシュ派は「余計な金利を支払うなど愚かなり!」と言い、ローン派は「いやいや、この低金利時代にローンを利用しないことこそ、キャッシュフローの観点では逆に愚行であろう」と言う。

300万円超のクルマでも「現金派」はけっこう多い

筆者としては正直「別にどっちでもいいんじゃないの?」という以外の意見は特にない。それぞれの言い分に一理あるのは確かゆえ、信念とお財布の状況などに応じてお好きなほうを選べばいいだけのことだ。

ただ、「みんな意外とゼニ持ってんなぁ……」とは日々感じている。

どういうことかというと、こういうことだ。

自分は昨年末にスバルXVなるSUVの新車を購入してこましたのだが、あいにく国産車にはとんと詳しくないため、日夜2ちゃんねる(最近は5ちゃんねるというのですか?)のXVスレッドを読み込み、先輩スバリストらの意見や体験談などから学問をさせていただいている。

そのなかで過日、どなたかが「ところでお前らのXVって現金で買ったわけ? それともローン?」との議題を突如ぶち上げた。「ゼニの話」には興味津々なわたくしゆえ、固唾を呑んで議題の行方を見守ったわけだが、結果としては「現金で買った者がおおむね7割で、残る約3割がローン」ぐらいの感じであることが判明した。

まぁ「判明した」といっても匿名掲示板でのことなので、各自の申告がどこまで信用に値するかは微妙だ。しかしひとまず「信用できる」ということにしておこう。

となると、多くの者はだいたい300万円から350万円ぐらいの日本円を一気に出動させたということになる。

気楽に支出できるのは「総貯蓄額の10分の1ぐらいまで」?

や、300万から350万円ほどの日本円を持っていることについて「みんな意外とゼニ持ってんなぁ……」と感じたわけではない。そのぐらいであれば、申し訳ないけどわたくしだって持っている。

凄いと思ったのは、その「推定貯蓄額」だ。

これはわたくし個人の感覚に過ぎないのかもしれないが、一気に放出させてもメンタルがヤラれない現金の額というのは、せいぜい「総貯蓄額の10分の1ぐらい」ではないだろうか。

例えば持ち金100万円の人なら10万円。1000万円の人なら100万円。1億円の人なら1000万円。この程度の放出(減少)幅であれば、「減ったけど、まぁそれでもこないだまで持ってた総額と大差ないっちゃないし、これから大病しないでマジメに働けば元の資産レベルぐらいにはあっという間に戻るはずだし、なんならそれ以上になっちゃうかもしれないし、まぁ問題ないっしょ」と、心から思うことができる。

しかし資産が「2割減少」となると若干だがブルーになり、「3割減少」となれば頬のあたりが軽くヒクヒクし、「4割減少」で少し尿をもらし、「5割減少」で発狂する。わたくしの場合は、おおむねそんな感じだ。たぶん。

だが、匿名掲示板でやりとりをしてらっしゃる諸先輩の言動から判断する限りでは、どうやらみなさん発狂していない。たぶんだが尿モレもしていないはずだ。

となると、XVの支払総額を仮に330万円だとすると、それをキャッシュで買った人々の貯蓄額は、計算により以下のとおりだと推測される。

真実はどうなのか? ぜひ教えてほしい

■余裕しゃくしゃくな人(総貯蓄の10%以下を出動)=3300万円以上
■ちょいブルーな人(同20%を出動)=1650万円
■頬がちょっとヒクヒクしてる人(同30%を出動)=約1100万円

で、匿名掲示板を読んでいる限りでは現金派のみなさんからはけっこうな余裕が感じられたので(その余裕が本物かどうかはさておき)、推定貯蓄額はズバリ「3000万円以上」ではないかと思われるのだ。

ということで、冒頭近くにあった「みんな意外とゼニ持ってんなぁ……」という感慨を抱くに至った次第だ。

上記の単純な算術が間違っているということはないが、そもそもの前提、すなわち「余裕で現金にてクルマを買う人は、その購入価格の10倍ぐらいの貯金を持っている」という前提が間違っている可能性はあるだろう。意外と貯金の半分とかをクルマに突っ込んでいる人も多いのだろうか?

……どうでもいい話であり、わたくしは現金派とローン派のどちらかに肩入れをしている者ではない。だが長年興味を持って眺めているイシューゆえ、どなたかCL編集部気付でこっそりと事実関係を教えていただけたら幸いだ。

あ、ちなみに僕のXVは頭金ありの月賦で買いました!

[ライター/伊達軍曹]

輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

カレントライフを運営するカレント自動車は、輸入車のトータルサービスを提供しており、ポルシェ・ベンツを中心にした輸入名車の販売だけでなく、買取・整備・車検・パーツなどあらゆる領域でサポートが可能です。だから輸入車に関するお困りごと、なんでもご相談ください!

無料相談はこちら
伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めたのち、フリーランスの編集者/執筆者として2006年に独立。途中2008年から2011年には編集デスクとして「IMPORTカーセンサー」(リクルート)の創刊準備および編集運用を業務委託として担当。現在は「手頃なプライスの輸入中古車ってサイコーだぜ!」というのんきなトーンの原稿を各誌やウェブサイトに多数寄稿している。

記事一覧

関連記事