ゼニがなければ自動車趣味もクソもない。収入源分散のススメ

  1. カーゼニ
  2. 53 view

前々回の当欄にて「副業」に関するさまざまのことを述べた。まぁ後半の「クラウドなんちゃらに登録して、超激安単価のパクリ原稿を量産した」という部分は完全な与太話というか、そもそも嘘なのだが、尊公らに副業のすゝめというか、収入源の複線化を強く勧めたい我輩のマインドに嘘はない。

なぜならば、ゼニの有無というのは本当に重要だからである。

ゼニは、この世で大事なモノの第3位!

当欄は行きがかり上「カーゼニ」というタイトルをもって生まれ、それに基づいてゼニの話ばかりを毎回しているため、お読みの方々は「この伊達とかいう野郎はとんでもねえ守銭奴だなぁ」と思っているのかもしれない。

実際はそんなこともない「愛と誠の男である」と自負している我輩なのだが、まぁそう思うならば思っていただいても構わない。なぜならば、繰り返しになるがゼニの有無というのはマジでベリーインポータントなイシューであり、ゼニがなければ自動車趣味もクソもないからである。

世の中はゼニだ……と言い切ってしまうと語弊があるが、人間も50年ほど生きていると、さすがに我輩のごとき阿呆でもそこそこの知恵は付くもので、最近は「人生における大切なものランキング」がハッキリとわかってきた。ベスト3は以下のとおりである。

1位:健康
2位:愛(愛し愛され生きること)
3位:ゼニ

2位と3位に関しては順位が入れ替わる可能性も秘めているが、エニウェイ、ゼニというのは「人生における大切なものランキング」の第3位までには確実に入る、絶対的になければならないものなのだ。長くなるので詳しい理由の説明は割愛するが、まぁ理由など20歳以上の成人には説明不要だろう。

収入のラインが1本のみというのはリスクが高すぎる

そのように大切なゼニが入ってくる動線を、「会社」という単線だけに委ねていていいものなのか? そんな怠慢な態度で、尊公は「自動車愛好家」を名乗れるとでも思っているのか? 喝!!! ……というのが、前回の当欄で言いたかったことだ。

まあね、よく知りませんがNTTコミュニケーションズとか? そんな感じの働きやすそうで給料も(たぶん)高い大企業に勤めてる人は、「別にオラ、会社からのギャラと将来の企業年金だけで十分勝ち組だし」とか思っているのだろうし、それはそれで正しい認識であると我輩も思う。

だが、そんな尊公にも死角はある。

例えばだが、会社員としての自分の生殺与奪を握る直属の割とエラい上司として、鬼のように「嫌な奴」が転勤してきたらどうするのだ?

まぁ「とりあえずは耐え忍んでやり過ごす」というオプションを執行するのだろう。だがその結果として頭髪が抜け落ち、体重が20kg減り(あるいは20kg増加し)、ストレスから息と屁が臭くなり、女子社員から忌み嫌われ、不眠となり、勃起不全にもなったとしたら……真剣にヤヴァいではないか。

そしてそういったリスクは、まぁ実際の発生確率は低いのだろうが、確かに存在はしている。

そうであるがゆえに、「とりあえず自衛を!」と進言している我輩なのだ。ご自身のため、愛する者のため、そして大切な「自動車道楽」を貫徹させるため、男にとって収入源の複線化ないしは複々線化は、喫緊の課題とならざるを得ないのである。

収入源の複々線化は私も実践している!

こういうことを言うと「じゃあ、そういうお前はどうなんだ?」という者も出てくるだろう。

無論、完璧である。舐めてもらっては困る。吾輩は「伊達軍曹中古車研究所」なる法人を主宰しているわけだが、実はこれは仮想的なホールディング会社で、その下には仮想的な「カンパニー」がいくつも存在しており、実はさまざまな事業を多角的に展開しているのだ。

現在、弊ホールディングスに属しているカンパニーは下記のとおりである。

■DG Communications
クルマ自体とはあまり関係ない与太話を主に製造する伊達軍曹(DG)をカンパニー長とする、文章の製造販売業。弊ホールディングスの売上の約4割に貢献している。

■MK興業
与太話が専門の伊達軍曹とは異なる無記名(MK)の人格またはテキトーに付けた筆名の人格が、クルマまたはその他インダストリーについて真面目な文字列を製造し、販売する。弊ホールディングスの総売上に占める割合は約3割。

■幻想舎
雑誌、書籍、ウェブ媒体などの編集プロダクション。基本的に自分では原稿を書かず、あくまで編集者としてさまざまな黒子的業務を行う。弊ホールディングスの総売上に占める割合は約2割。

■モルガン・サージェント
外国為替証拠金取引を中心とする投資および投機事業部。弊ホールディングスの総売上に占める割合は遺憾ながら1割未満。ちなみに「モルガン」に特に意味はない。

……と、このようにリスクの分散管理を自ら徹底できている我輩だからこそ、大所高所から尊公らに助言ができるのだ。ぜひとも、そんなわたくしの実戦と実践に基づくアドヴァイスに耳を傾けていただけたなら幸いだ。

さて。そろそろ弊ホールディングスの第5のカンパニーであり、大切な収入源である「山崎製パン杉並工場での深夜バイト」に出かけねばならぬため、本日のところはこれにて失敬する。御免。

[ライター/伊達軍曹]

伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めたのち、フリーランスの編集者/執筆者として2006年に独立。途中2008年から2011年には編集デスクとして「IMPORTカーセンサー」(リクルート)の創刊準備および編集運用を業務委託として担当。現在は「手頃なプライスの輸入中古車ってサイコーだぜ!」というのんきなトーンの原稿を各誌やウェブサイトに多数寄稿している。

記事一覧

関連記事