BMW 7シリーズのNEWモデル発表から感じた、高級車を語るうえで大事なこと

公開日:Posted in よもやま話 by

BMW7シリーズに新しいモデルが加わりました。新開発6.6リットルの12気筒エンジンを搭載した760iLと、従来の740に勝るとも劣らない性能を持ちながら、エンジン自体は4気筒2リットルを搭載したプラグインハイブリッド740e iパフォーマンス。両極端のような性格のクルマ、しかし、今メーカーアイデンティティを守ることと、自動車に求められている性能を追求する上では欠かせない、そんな塞のような二台ではないでしょうか。フラッグシップモデルに追加されるということで、発表にも力が入ります。

img_20161013_191043

さらに同時に今年100周年を迎えたBMW。世界限定100台が製造される。センテナリーエディションをV8の750iLに追加。日本にも3台が割り当てられる、という発表も含めて、六本木のグランドハイヤット東京でお披露目されました。

というニュースは、すでにいろんなWEBメディアでご存知のことかもしれません。カーボンコアで骨格が強靭で軽い現行7シリーズ。見た目はややおとなしいが、乗るとその身軽さは、クラスでも屈指の軽やかさが魅力です。どこまでも走っていたいな、と思ったものでした。今回、プレス向けの発表会でこの発表も聞いていましたが、実は個人的にどういう風の吹き回しか、この発表のパーティーへの招待状が届いておりました。あまりこういうのに行ったことがなかったのですが、なんと前日には「出欠の確認電話」までかかってくる始末、後学のために、こちらにも行ってみることにしました。

img_20161013_190030

ですので、朝、プレス向けの発表を聞いたのち、都内で打ち合わせ、取材をして再び夕方六本木へ。ものすごく場違いな印象も拭えませんでしたが、受付を済ませ、各ディーラーのデスクが設けられていて、そこに寄って受付を済ませ、荷物をクロークに預けて先ほど発表を聞いた部屋に再び入っていくことになるのでした。

img_20161013_190956

7シリーズと共に迎える「東京は夜の7時」

丁度7時少し前に到着しました。すでに会場は、テーブルに座る場所が見当たらないほどものすごい混雑ぶり。そしてクルマの横では朝方はなかったゴルフバックなども用意され、より具体的な「商談」がかな多く散見されました。そして何件も、要は「7シリーズ買います」というような話も耳に入ってくるという会場の勢いに、やや圧倒されてしまった小生でした。

img_20161013_185537

そして7時なるや否や、メインステージから歌声が。BMW×Billboard TOKYO スペシャルライブと銘打って、ピチカート・ファイブの野宮真貴さんのステージが始まりました。まずは「東京は夜の7時」。時間も19時、夜の7時ですから。そして何より「7シリーズ」の日ですから。なかなかやります!!

一方7シリーズのベントにふさわしい、ブランドも展示されています。ベルルッティ、時々拝見しますが、なかなか近くで見ることなどなく。いろいろ説明してくださいました。ベルトやカバンはよく見ると古文書がデザインされていること。そしてこの微妙な色調が近くで見るとなかなかすごい。しゃれているのですが、とても微妙な風合いなのです。フォルムがスタイリッシュ。どうしても自分の体形には合わなそうだな、なんて思ってしまいましたが、このくらい我々日本人の感覚からかけ離れたデザイン性やクラフトマンシップのようなものを見ることができる商品ならば、むしろ選択する理由があると言ってもよさそうですね。

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...