ノンアルが、冷えて牡蠣が、我を呼ぶ (飲酒後の運転はダメ!ゼッタイ)

公開日:Posted in よもやま話 by

デュトロ、購入後半年で7,000km。うんまあまあ使っているかなーなんて思っていたら、10か月目には17,000km!積算計も300,000キロを刻みました。しかし、その自分の持っていたクルマのなかでは一番大きい数字のキリ番を刻んだこと以上に、2か月半で10,000km走ったことも驚きでした。まあ、九州2往復、名古屋、長野も2回行きましたし、浜松も2回ほど。よく走ってくれています。

まあいい方は語弊がありますが、間違いなく実態としてはグランドツーリングカーであります。とても多目的ではあるものの、確実に外に出られる。そして往々にしてクルマが紡ぐ縁である。この事実に異議を感じている今日この頃です。ところで思いがけない魅力を発見したので、今日はご紹介します。

突然ですが、皆さんのクルマには「角打」ついてますか?何をいきなり言い出すかと思われるかもしれません。そんなドライブ中に飲むなんてもってのほかだろうが、とお叱りの諸兄もおいでかもしれません。ハイですから酒を飲めとは申し上げていません。でも、日本中美味しいものだらけなわけです。

それを少し「いい雰囲気で飲めるような仕掛け」皆さんのクルマにはついているんですか?と申し上げているだけなんです。うちのクルマにはありますよ。このクルマを積むところが、なかなかちょうどいい高さのカウンターになる「角打号」だったことに気が付いたのは、初夏の陽気が眩しい山陽道の宮島パーキングでのことでございます。

「宮島と言えば牡蠣だろうが。」ほとほと嫌になります、こういう安易な、短慮な考え方。でもね、思ってしまったら仕方ない。いただきましょうよ、牡蠣を。瀬戸内海を見下ろせる高台にあるこのパーキング。センターのいいところに大きな屋台があって焼いているではありませんか。大きな牡蠣。2個で540円ですって。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...