自動車ライターにとって「未婚」は最大の「未達」なのか!?

公開日:Posted in よもやま話 by

ときどき「結婚したので好きなクルマに乗れない」と嘆いている人がいます。果たして彼らは本当に不幸なのでしょうか?そんなはずはありませんね、というお話です。

多くの大学生が4年で卒業するところを勉強熱心だもので倍の年数かけたり・・・。人がおおよそ、普通にかかる時間の倍の時間何事ももかかる小生。今だに独り者だというのはあまり不思議なことでもない、実はそんな風に思っています。周りでめぼしい人、まっとうに生きる人はあらかた結婚しました。

結婚していない人は、充実の独身生活を送る気配の人が多く、最近あまり話の合う人がいません、それはそれで寂しいものですね。しかしこれからはいよいよ、私の頼りないところ、人柄に問題、など私自身の問題点がクローズアップされてくるフェーズに突入するわけでして。これはこれで、なかなかきついものです。

そういう「出遅れごみし」は放っておくとしても、自動車ライターにとって「未婚」は最大の未達なのではないか。最近そんな風に思うのです。どうしてクルマを買うのでしょうか?カッコいいから。便利だから。いざという時のため。いろいろな理由はあるでしょう。しかし、ここに例で挙げた事柄だけとっても、誰かのため、ですよね。クルマを買う理由が自分の趣味趣向、一人の意見で決めるというのは独身の間だけ。そして、独身者のクルマの利用など、所帯持ちの人に比べると自分勝手で、自慰行為の域を出ない程度のものではないか。そんな風に思えてならないのです。

では、なぜクルマを飛ばすのか?それはあなたを待つ人がいるからではないでしょうか。そして何より、あなたが一刻も早く会いたい人がいるからではないでしょうか。そして、今まさに話題の安全装備の数々、それは運転手など、一人を守るものというより、乗っている人たちのものではないでしょうか?結婚していない独り者など、ぶつかって死んでも悲しむ人はいませんから。仮にいたとしても、家族のいる人よりは絶対的に少ない。悲しむ人を少なくするための安全装備、独身者がこだわるなど何か釈然としないものがありますね。

だから、クルマの良し悪しを説いたところで、独り者の言うことはどこか説得力に欠ける。なんだか最近そんな風に思うことが少なくないのです。大は小を兼ねるが、家族の少ないものに、家族の大勢いる人の気持ちがわかるだろうか?想像してみても無理があり、実際に家族を持っている人の見方には及ばないのではないでしょうか。

ミニバンを良いだの悪いだの、あれを選ぶ人の気持ちが云々、よくそんなことを言いますね。クルマ好きも、そしてメディアも・・・。しかしもし、それを言っている人たちが、家族持ちで、そのクルマ、本当にマイカーとして考えられる立場、状況の人が言っているなら、少しくみ取る価値はあるでしょう。しかし、独り者で、ファミリーカーを選択肢に入れられる状況にない人だったら、その意見というのは片手落ち以外の何物でもないのではないか。そう思うのであります。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...