幌には嫉妬しました・・・新型マツダロードスターの試乗会にお邪魔しました③

公開日:Posted in よもやま話 by

新型マツダロードスターの試乗会についての、第1弾の記事第2弾の記事はこちら。

この幌には嫉妬する。


IMG_5617

一方で、個人的に、マニュアルトランスミッションの方は、かなり「ゆったり走りたくなる」クルマでした。変速し、森の中を抜けていくと、ロードスターが奏でるエグゾーストノートと、風の音、鳥のさえずり・・・ちょっとしたセッションをしているような気持ちになります。なかなか楽器は演奏できませんよね。音楽は難しいですよね。でもロードスターをマニュアルで運転するのは、確かに最大限にパワーを使い切って、高速で振り回すのも楽しいかもしれません。しかし、このクルマの限界の高さを思うと、使い切ることだけに執着すると、なんだか高度な話になり、欲張りすぎると、ついつい限度を忘れるというのが物事の常です。それにひきかえ、小さなエンジンを使い切って走る楽しさ。往年の英国のスポーツカーに乗っているようでもあり、アルファロメオのツインカムだって、こういう感じなんではないか?とにかく、クルマ好きが普段のアシにしたら楽しいこと間違いないだろうと思わせる雰囲気はとても強いクルマだと言えるでしょう。

しかし、普段のアシにしたくなるのは、このクルマの強固なボディ、こだわりのエンジンではなく、この幌であります!軽量の手動の幌。ワンタッチで座ったまま開閉が出来るのです。平素シルビアヴァリエッタに乗っていて、油圧シリンダーの伴わない開閉式ハードトップはそれでも気軽で気に入っていますが、そんなのは遠く足下にも及ばないほど簡単で軽く、コンパクトなのです。その開閉がよういなだけではなく、ひとたび閉めると、最近の分不相応で見栄え重視のタイヤ選定の中ではロードノイズの小さくないクルマは多く、コスト削減の影響で風きり音も目立つクルマ、少なくありません。でも量産車で250万円からの「2シーターごとき!」とあえて申し上げますが、こういったところの遮音性がかなり優秀だったのが印象的でした。これなら狐の嫁入りに見舞われたらすぐ閉めて、あがったら、遅滞なく開ける。そんなこともわけないことでしょう。

女性の皆さん!ロードスターにお乗りください!

IMG_5576

この内容なら、クルマ好きの人にもいいチョイスだと思います。このクルマに乗ればこんな小さなクルマでも遠出したくなるかもしれません。男性ユーザーはもちろんですが、ぜひ女性の皆さんに乗っていただきたいのです。小粋なロードスターは女性にこそ乗ってほしい。野郎はなんでもいいのです。(クルマ好き男子に至っては軽トラでも朝まで楽しめますので、ホントなんでもいいのです。)女性の人が、普段乗るのにクルマが必要、デミオとか良さそう・・・とかいってマツダのお店に行きます。そうしたらショールームにこれがおいてあるわけです。「開け閉め軽いですよ」なんて言って、営業の方が一度屋根の開閉をすると、たぶんびっくりすることでしょう。一瞬「これでもいいかも」なんて思ってしまうわけです。支払いがそんなに変わらないことなどに気がついて、結局買ってみちゃっていただきたいのです。「オートマもあるし」とか低沸点の理由であればあるほどいいと思います。ある日クルマ好きのお友達や、昔は峠を攻めていたお父さんとかが気安く乗ってみたりしたときに「これ楽しいじゃない!」「あれいいクルマだなあ」などという感想を聞いて初めて『自分が購入したクルマの良さ、事の重大さ』を思い知る。そんなカーライフ、素敵じゃありませんか。やせ我慢は要らない、でもロードスターなんです。カブリオレではありません。ドロップヘッドクーペでもありません。ここが実は一番すごいところなのではないか、そんな風に感じました。

IMG_5581

また、シートが、シンプルながらしっかりサポート。かなりこれがいい仕事をしていることは間違いないところ。

「わ、重っ」ヴァリエッタに関する悲報

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...