前の晩眠れませんでした・・・新型マツダロードスターの試乗会にお邪魔しました①

最終更新日: 公開日:2015-06-23 | Posted in よもやま話 by

正直乗るのが怖かった・・・

IMG_5576

全く死角なし。今のマツダの矢継ぎ早なラインナップ展開をみているとそんな印象すら受けるものです。しかし、かつてやらかした「多チャンネル展開での拡販施策」の時よりも圧倒的に車種数は少ない。そのいずれもが実に入念に、そして隅々まで配慮が行き届いたクルマだという点は多くの消費者に届いている結果が、今の隆盛ぶりなのかもしれません。我が家は物心ついた頃から何台もマツダ車を乗り継いできていましたが、どうもマツダに乗っている、というと、異端者呼ばわりをされることもあり、社員でも利害関係者でもないのに、妙にやり場のない苛立ち、憤り、またマツダ車に対する短慮浅慮が目にあまり、何とも言えない残念な思いをしたこともあるのですが、最近のマツダの勢いは、その貫いてきた志、スタンス、取り組み方がまったく間違っておらず、そして、そういった「我」の部分が行き過ぎて一時フォードから役員を送り込まれるような局面もありましたが、それさえも糧とし、また単なる放漫ではなかったということをフォードに伝えることが出来ていたから、その後、今日のマツダの勢いがあるのではないか、そんな風にすら感じたものでした。

それでもロードスターのモデルチェンジ、乗る前、相当な不安を覚えたのも確かです。ゼロベースで、むねのすくようなドライビングプレジャーを、大衆車の価格帯で「ゲリラ的に投下」することに成功した初代NA型、それの粗を丁寧にブラッシュアップさせた二代目NB、満を持して強固なマーケットを構築し広島への援護射撃を送り続けた海外マーケットでの満足度もより高めるべく、すべてをもう一度サラの状態に立ち返り、ロードスターの概念をリデザインした三代目NC。この進化には、多くの迷いや、エンジニアとしての良心が都度盛り込まれ、四半世紀の中でちょっとしたヒストリーが紡がれたスポーツカーになったのです。そのクルマの4代目。ヒストリーが紡がれるようになった、いわば「世の名だたるスポーツカーの仲間入り」を果たした後の初めてのモデルチェンジといえるでしょう。今回そういう意味合いを内包したモデルチェンジ、技術は進歩しているが、ライトウェイトスポーツを作る上での制約はそれ以上に多くなっていると言ってもいい現在、大丈夫だろうか?日和っていないだろうか?他方、ものすごくいいけど、ものすごく高いのではないか?

正直に言うと「乗るのが怖かった」というのが本心でした。「お前、かわっちゃったよな。」となるかもしれないのですからしょうがないのです。しかし、ご縁があって、乗せていただけるというのでせっかくの機会。乗せていただくべく修善寺にお邪魔することにしたのです。

IMG_5572

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...