はじめての車検!! 自分で行ってきました。

公開日:Posted in よもやま話 by

IMG_8243

日本には車検制度がありますが、皆さんはどうしているでしょう?いつもディーラーさんでしょうか?それともこういうつどつどのお決まりのイベントはさくっと安くあげられるところで通すだけ通す派でしょうか?クルマは何人もの命に関わること、整備もなかなかプロでないとわからないことも多いですよね。基本的にはお店でプロにしっかり見てもらって、最低次の車検まで安心して乗れる状態(にするのが、そもそも乗用車の場合、車検が2回目以降は2年に一度、実施を義務づけられているわけですから)にしておきたいものですね。

ただ、そうはいっても「何をしているのか」「どうチェックしていくのか」は是非知っておきたいもの。ただ、今まで勤め人だったこともあり、自分で行くのは難しいという部分と、プロにおまかせすれば効率的に継続できるということもあり、自分で通したことはなかったのです。

実はそんなところに「初代ワゴンR」でディーラーの管理顧客の車両で、車検が切れてしまったクルマが縁あってちょっとやってきたので、(まあこのクルマに関しては、またおいおいもしかすると私のコンテンツでも登場するかもしれませんが)今回はそれを車検の検査ラインに通してみる、というのを、ライターの小鮒康一さんと一緒に試しにやってみることにしました。

基本的には総じて「親切」なスタンス

IMG_8241

まず軽自動車の車検は通常の運輸支局(通称陸運事務所)ではなく「軽自動車検査協会」というところに行くことになります。ナンバー自体は普通車の陸運支局に準じた区分けになっているので、ついつい「陸事は・・・」と思ってしまいがちですが、これは注意しなくてはなりません。神奈川県の場合、ナンバーが川崎であっても横浜ナンバーの管轄の横浜陸運支局の近くにある軽自動車検査協会神奈川支部に行くことになりますので、注意ですね。危ない危ない・・・

検査の予約をしていざ行ってみることに。ともすると、車検を通すというのは「あら探しをされて排除されるのではないか」そんな印象がどこかあったのかもしれません。最近低年式のラテン系のクルマで、ちょっと厄介な印象のあるクルマが私のもとにあることも少なからず影響しているかもしれませんが。しかし、実際行ってみると、基本的には必要な手続きをできるだけ滞りなくできるように、ということでいろいろ案内が書いてありいます。まず申請書を一式購入しそれを一つずつ確認しながらまずは申請書を記入します。マークシートなどもあり、難しいことはあまりない印象です。もちろん基準を満たしていないクルマは排除されるのですが、それでも入学試験のように「落とす為の試験」ではないということは実感としてわかりました。

記入をして書類のチェック、重量税の支払い、検査料の支払いなどを済ますと実際自分でクルマを検査ラインに持ち込むことになっています。

24ヶ月点検の内容をクリアしていることが前提!!

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...