現行マセラティGhibliは「430」の名実ともに後継車だ!

最終更新日: 公開日:2015-06-30 | Posted in よもやま話 by

IMG_5803

さて、およそ5日間。マセラティGhibliを拝借し、山口まで陸路往復、2,300キロを超える距離を乗ってみて、表題の予感についてだけは改めて総括しておきたいと思います。大きさの割に、煩わしい感じが少ない。伝統のブランドの高級車ではあるが、ドライバーと「呼応」し合える感じは、プレスティッジを競うのではなく、上質な麻のシャツにでも手を通したような印象を受けました。

じつは相当買い得感の高いチョイスだと思うのです。このモデルの発表の時「メルセデスベンツEやBMW5の上級モデル」がターゲット層と言う説明がありました。しかし、そういうところのクルマを選ぶ人が、同じ天秤場でこのクルマをまず「検討」するでしょうか?多分しないでしょう。伝統のブランドにある程度重きを置いて、クルマが好き。そういう人ですから、メルセデスであればAMG、BMWならMかアルピナ。可能かどうかではなく、そういうところに意識のいきそうなのではないかと思うのです。大きさと排気量のクラス分けでは説明のつかない、ハードルを超えさせることが出来る魅力がこのクルマにはあると思うのです。そうやって考えるとたとえばC63と比べても、一方でこちらの装備をかなり充実させたとして、まだ安価なわけです。マセラティなのに!確かにパワーも330馬力「しか」ありません。ただ、330馬力では不足・・・という人はもともとこのクルマのターゲットではないのです。そして、それでもこの価格帯で左ハンドルもチョイスできるクルマ、そういう意味でもこのギブリは希少です。

IMG_5972

実際、ボディの作りもドイツ勢のそういうものと比べると大味です。そして、430ほどではないですが、いろいろ突っ込みどころ満載な独特の演出、配置は未だ健在なのです。そしてこれらが、マセラティを見限り、選ばない理由になるかといえばそんなことではなく、それ以上にこのクルマが動かしがたいマセラティである事実を醸し出している一点をもってして、このクルマの存在意義の説明は充分なのです。正統なコレクションの中の一台に、というわけではないマセラティ。しかし、端々に、その末裔であることは宿っており、それを噛み締めながらドライブをする。これはまぎれもなく、430と寸分違わぬ立ち位置ではありませんか!ただ、確実に時間は流れていて、四半世紀の時を経ているので、パワー、そして各部の信頼性も格段に向上していて、低燃費を実現。より快適で実用性もあわせもっているのです。そしてより快適な上に「ちゃんとつけるかしら」という不安を抱かずに乗れる低エントロピー性が備わった時点で、マセラティ的観点からすると、「理想の実用車」と言ってしまっていいのではないでしょうか。

IMG_5977

昨年100周年の節目の年であり、今年から新たな100年、歴史を紡ぎ始めたマセラティ。今までの流儀ではない車種もリリースするといわれ、それとともに拡販政策を推進していこうとしているようですが、この魅力をもっと多くの人たちに知らしめるだけで、バックオーダーを猛省することにもなりかねないほどの説得力を内包した伝統の匂いのするクルマだと感じました。

IMG_5856

個人的には1000万円に収まる輸入新車では、まったくカテゴリーが違うのに惹かれるクルマとしてG350ブルーテックと迷いたい。そんな一台だと感じました。一世紀を過ぎると、その重箱の隅をつつくようなあら探しにような見方は無用です。なぜなら、ジャーナリズムが一刀両断にああだこうだ言うような話ではなくなっている、という一面を感じるからです。「余録でクルマを作っている」語弊があるかもしれませんが、このことの重みはこのギブリからもひしひしと感じたように思うのです。

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...