安心してください!ビトルボ系もアシに使え(るクルマもあり)ますよ。

最終更新日: 公開日:2015-10-26 | Posted in よもやま話 by

秋はイベント目白押し。正直予備の自分が欲しいと思うことしばしばです。先週は車山のフレンチブルーミーティングでしたが、今週はスーパー耐久の最終戦が鈴鹿サーキットで開催され、そちらにお邪魔しております。(プレスルームでこのブログを書いています。)そして直前になり、モーターショウ直前イベントとして、昨日は日比谷〜銀座・芝公園界隈で東京モーターショウの60周年パレードの開催を知り、ちょっと拝見してきました。国産自動車メーカーのあのCEOの方も参加。多くのギャラリーにこのようなシールをご自身で配布。実は小生、このシール前からかわいいなと思い、欲しかったので、リアルに嬉しかったですw 新旧様々なクルマが週末の都内を走る。しかし押すな押すなの大盛況。銀座の交番のおまわりさんは「マイクで主催者の人来てください」などと呼びかける始末。注文を付ける気だったのかもしれません。そのくらい盛況でした。

IMG_5127

IMG_5174

各メーカーの代表者の方のクルマに対する想いをしたためたS660が自工会の池会長のドライブで先頭でした。そこからのはしごでございます。どうせ梯子するなら、と、今年の夏にマセラティギブリで山口にお邪魔した際にお世話になった、伊達さん夫妻が山口からいらっしゃるというので羽田空港までお迎えにあがったりもしました。

IMG_5961

山口に行った時の様子。伊達さんのシトロエンアミ8とマセラティギブリ。伊達さんご夫妻が企画されたジャズとクラシックバレエのコラボレーションのパフォーマンスを観に美祢仁尾邪魔したのでした。(夏に美祢に伺った際の様子はこちらをどうぞ・・・

IMG_20151024_120756

アウトレーヴに久しぶりに行きたいとのお話もあったので、せっかくなので私も久しぶりに時間を取って行ってきました。羽田からは近いですので、確かに他の用事の前の方がいいでしょう。

そんなわけで、
有楽町→東京プリンスホテル→羽田空港→アウトレーヴ→鈴鹿サーキット
昨日はこのような旅程でした。

こんなに忙しい、のはまあどうでもいいのです。まだまだ貧しい身ですのでお仕事はもっとなくてはなりません。(自動車関係、WEBメディア、出版関係の皆様、お待ちしております!)それよりも、私のところに来た歴代オーナーの寵愛の賜物で「らしからぬコンディション」の希有なマセラティ430。このようなタイトスケジュールかつロングドライブでもちゃんとしてますよ!というご報告は是非しておきたいところです。

IMG_5235

納車から1年が過ぎ、ようやく、当時載せかえたばかりだったトランスミッションも角が取れ、絶対的に十分なトルクがあれば4段オートマでもあまり支障がないということを実感している毎日です。秋になっていささかクルマにも優しい季節なのでしょう。はじけるように乾いたV6ツインターボエンジンは、月夜の寒すぎない東海道をころころとテンポを刻むように奏でます。

夜通し乾いたV6サウンドを聞きながら東海道を西へと進めていると、なんだか一層愛着が強まってきます。鈴鹿サーキットではスーパー耐久の最終戦(決勝戦)が行われるこの週末、日本で初開催となるマセラティトロフェオ2015が開催されるので、この機会は是非目の当たりにしたいと思い、月を追いかけるように走って来たわけです。競うマシンとしてのGTも関心は尽きませんが「観戦する為に朝を迎えるドライブ」も名だたるGTカーを入手したならば是非してみたいドライブですよね。

IMG_20151025_072327

マセラティは1914年にボローニャで起きたレーシングカーメーカーが起源です。日本だと「高級車なのはわかるがそのストーリーの本質って?」という方もまだまだ少なくないかもしれません。今のクルマの価格で見ると、確かにフェラーリなどの方が高い格を彷彿とさせます。しかしながら、なかなか簡単には上書きできない真のブランドが背負う格は、マセラティの方が数段高級であるのです。そしてその高級なブランドイメージの源泉は最先端の、高い志の高性能スポーツカーでした。マセラティトロフェオはすでに海外では展開されていたワンメークレースでしたが、日本では今回が初めて。昨年100周年の節目の年だったマセラティが新たな100年に向けての一歩を踏み出したと言ってもいい今年、私たちの国でもより真の姿に近い活躍を目の当たりにする機会ができるようになったのです。これは極めて歓迎すべきことと言えるでしょう。

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...