ニュルブルクリンク北コース「最速の市販車Top10」2016年版

最終更新日: 公開日:2016-12-23 | Posted in 動画 by

1995年、R33型スカイラインGT-Rが発売されたとき、Deep Purpleの”Speed King”をBGMにした「マイナス21秒ロマン。」というCMがオンエアされました。この「マイナス21秒」の舞台となったのが、ドイツにあるニュルブルクリンク北コースであることはあまりにも有名です。

ちなみに、R32型GT-Rのラップタイムは8分20秒。8分の壁を破る(つまりマイナス21秒を削る)ことが、R33型GT-Rに課せられた使命でもあったのです。

それから月日が流れ、インターネットが普及し、現地に行くことはできなくとも、ニュルブルクリンクにまつわる動画を手軽に観られるようになりました。いつの時代も、ニュルブルクリンク最速のマシン、そしてラップタイムは気になるもの。

そこで今回は、最新のニュルブルクリンク最速マシンTop10を、オンボード映像とともにまとめてみました(市販モデルのみ)。

10.Lexus LFA Nurburgring Package:Rap Time 7:14.64(2012)

9.Dodge Viper SRT-10 ACR:Rap Time 7:12.13(2010)

8.Gumpert Apollo Speed:Rap Time 7:11.57(2009)

7.Mercedes-AMG GT-R:Rap Time 7:10.92(2016)

6.Nissan GT-R Nismo:Rap Time 7:08.68(2015)

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...