オーディンホームが手掛ける北欧住宅とクルマのある風景。カーライフもやはり「ライフ」なのである

公開日:Posted in コラボ by

クルマ好きは何かとカーライフを充実させようと躍起になるものです。もちろんクルマはどうして、ガレージはこうして、そしてこんな風にクルマと付き合いたいとか、こんな人と気ままに時間を過ごしたい、など。クルマを傍らにどんなふうに暮らしを楽しむか。そればかり考えているものではないでしょうか。そんなものだと思います。しかし、ここで注意しなければならないのは、カーライフもやはりライフなのだということを。

クルマを愛する人たちは、様々なシーンにおいてクルマをコミにして考えますが、それらは決してクルマ中心に暮らし、(中にはそういう殊勝な人もひるかもしれませんが)あくまで、自分のくらしで愛するクルマと寄り添っていきたい。そう考えているのではないでしょうか。

健やかに暮らす、楽しく暮らす。快適に暮らす、明るく暮らす。そんな日常に愛車が寄り添う。そういう意味での充実した日常があってこそ、愛車とともに向き合う時間がより充実したものになる、というものではないでしょうか。

北欧スタイルの住宅×クルマというライフスタイル

そんな方にぜひご注目頂きたいのが北欧スタイルの注文住宅オーディンホームです。北欧はデンマークスタイルの重厚感のあるデザインと、シンプルかつ深みのある内装は、使うほどに味が出てくることでしょう。北欧フローリング特有のぬくもりが、その家を文字通りあなたのホームとして、帰宅するほどの迎え入れてくれることでしょう。こうしたデザイン性に加えて、厳しい環境で培われた優れた住宅性能を誇ります。

北欧住宅
▲クルマ好きにとってのひとつの理想形ではないだろうか。洗練された北欧デザインの住宅と愛車。窓も外観もこだわっているのがわかる。メルセデス・ベンツにもお似合いの住宅といえるだろう。

補助暖房なしに、蓄熱式温水床暖房だけで2階のすみずみまで暖まる家は省エネルギー性能、居住性能できわめて高いパフォーマンスを発揮するのです。またその前提でもある、堅牢な作りは、住宅の一番重要な「住む人を安全に包み込む」という安全性能を担保します。こうしたいわば住宅に求める「3本の大黒柱」と表現される性能のいずれにも一切の妥協はありません。

使用する建材はデンマークの厳しい基準をクリアしたものを使用し、木製のペアガラス、システムキッチン、ドアからフローリングなどには、まさに機能美と呼ぶにふさわしい洗練されたデザインが採用されています。


▲人間の活動するステージに沿って広がる平屋は洋の東西を問わず一番理想的かもしれない。クルマ好きなら緑も残しつつ広めのカースペースを取るのも一興だろう

またすべてすべてフリー設計の注文住宅。外観、間取りはモダン&シンプルなデザインで都度提案してくれます。家を作ろうかという段になったら、モデルルームは特にないということだが、希望すれば、なんとすでに住まわれている完成邸や建築途中の物件の見学も可能だという。

日本人とは異なるセンスで、日常に心地よいアクセントをもたらしてくれる家

北欧生まれらしく、何と言っても高気密・高断熱・遮熱性能に優れている点は、何も北欧ほど寒くはない日本でもその性能を十分に発揮することでしょう。さらにランニングコストを抑えながら、一日中暖かさを保つ蓄熱式温水床暖房は真冬でも寒さ知らず。体にも優しく安全で快適さを実感できる床暖房です。春の陽だまりは、温もりだけでなく幸福感を含んだ暖かさがありますが、その感覚を家中で満喫することもできるのです。さらに優れた耐震性能も備わっており、地震の多い日本でも安心です。


▲それがバイクならもっと止められる。クルマ好きの延長線上で、そんな風に歯止めの利かなくなったライダーも少なくないようだ。ライダーにとって屋根付きガレージのありがたみはクルマ好き以上かもしれない

カレントライフではしばしば「輸入車に乗ることは最も身近な異文化交流」と申し上げておりますが、住宅もまたしかり。日本の気候の過酷さから守ってくれる性能があるのであれば、あとは、ちょっと私たち日本人のセンスとは異なる思想を取り入れた住まい造りを通し、日常に心地よいアクセントをもたらしてくれることでしょう。


▲クルマ好きはついつい床面積に停められるだけ駐車スペースを確保してしまいたくなるものだ。そういう点で階下に愛車、その上に住空間というのは最も効率のいい共存住宅なのかもしれない。シャッターもデザインにこだわることで、車庫であってもガレージと呼びたくなるから不思議である

気候は厳しく性能的に妥協はできないものの、つい私たち日本人のアシを停めるセンスあふれる北欧デンマークスタイルを暮らしの拠点に取り入れる。なかなかいい選択肢なのではないかとは思いませんか?そして何より、二つとない自分だけのこだわりの住処。注文住宅でとっておきのライフステージを作ってみてはいかがでしょうか。

■取材協力・お問合せ先
株式会社オーディンホーム
電話番号:03-5726-9785
FAX番号:03-5726-9786
営業時間:AM10:00~PM6:00
定休日:祝日(土日は予約制)
お問い合わせ:http://www.odinhome.co.jp/contact/
http://www.odinhome.co.jp/
http://odinhome.com/

[ライター/CL編集部]

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL PROMOTION

こちらは提供元の情報をピックアップして取り上げた、CL(カレントライフ)のスポンサード記事となります。