名車プラモデル「ラ・フェラーリ」にモデラーアイドルが挑戦!(後編)

最終更新日: 公開日:2014-12-11 | Posted in コラボ by

モデラーアイドル香坂きのが名車プラモデルを作り上げる企画の第2弾!
ラ・フェラーリ制作記前編はこちら

こんにちは♪
プラモデルアイドル香坂きのです。

前回から制作中のラ・フェラーリ!
今日は塗装からスタートです!

今回用意した塗料はコチラ!
今回用意した塗料はコチラ!
タミヤカラーです♪
タミヤカラーは説明書にカラーナンバーが載っているので、車の構造に詳しくない私でも、説明書通りに塗っていけば内部のカラーリングもリアルに近づけることができるのです!

そんなタミヤカラーでエンジンやハンドルといった内部の塗装をしていこうと思います。

しっかり振って・・・
しっかり振って・・・
筆塗りしていきます!

名車プラモデル「ラ・フェラーリ」にモデラーアイドルが挑戦!(後編)
筆塗りはどうしてもムラができてしまうのですが、
塗装を施していない金属って・・・ムラありませんか?

今回は、筆塗りのムラを生かしてみようと思います!!

何色も分けて塗ったパーツがこちら!
何色も分けて塗ったパーツがこちら!
さて、問題です。チタンゴールドはどこに塗ってあるでしょうか?
(二箇所しか塗らなかったのですが、そういう細かいのは自己満足だと思ってます)

塗ったパーツを組み立てていきますよ!
塗ったパーツを組み立てていきますよ!
塗装が終わっているパーツなので、接着して固定しながら・・・
(接着しないと組みあがっていかないけれどw)

エンジン部分がみえてきましたね!
エンジン部分がみえてきましたね!
うん、細かい!!

内部ができてきたので・・・今度はボディの塗装にいきますよ!
ボディはエアブラシで!

今回はキャンディ塗装に挑戦してみようと思います!

まずは・・・黒サフでパーツの色を消していきます。
黒サフでパーツの色を消していきます。
ガイアノーツの黒サフが大好きで・・・使い勝手が良くて気に入ってます!
マットな黒になるので、そのままブラックとしても使っちゃいますよ!
黒くなったパーツはこんなかんじ。
黒くなったパーツはこんなかんじ。
ここから赤にする部分を残してマスキングテープで覆っていきます。
この作業が結構大変!!
この作業が結構大変!!
ここでしっかりマスキングしておかないと、境界線がずれたり、隙間から塗料が入り込んでしまいます。

だからといって爪でキッっと張り付けたりすると、せっかく塗った黒サフがマスキングテープといっしょにはがれたりするので・・・

ちょうどいいかんじにw

マスキングが完了したら・・・赤、ではなくて
シルバーを吹いていきます!
シルバーを吹いていきます!

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:Concent編集部

WEBマガジン「Concent」「Concent不動産」「Concent beauty」「デビナビ」「lamp」を運営するConcent編...