川中島の戦いをクルマで戦うなら、間違いなく「あのクルマ」を選ぶ。

最終更新日: 公開日:2016-02-22 | Posted in コラボ by

甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信との間で繰り広げられた「川中島の戦い」は読者もご存じの方が多いであろう。もしもこの川中島の戦いを「クルマで戦うなら」というテーマで今回はお届けしたい。読者の方々もぜひ想像してみながら読んでほしい。

川中島の戦い……それは、天文22年(1553年)から永禄7年(1564年)の12年にわたり、甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信との間で繰り広げられた、北信濃の支配権をめぐる戦いの総称である。しかし一般に「川中島の戦い」といえば永禄4年(1561年)に行われた第四次合戦のことを指す場合が多い。
出典:http://www.car-rate.info/porsche/column/kawanaka.html

早速脱線するが、筆者は歴史系ゲームのパイオニアである「信長の野望」シリーズをやり込んでいたクチなので、非常に懐かしい話ではあるのだが、「川中島の戦い」にはいい思い出はない。なぜならゲーム内の当該イベントにて有力な武将である「武田信繁、山本勘助」が死亡してしまうからだ。それだけ凄惨な戦いであったことが想像いただけるであろう。

何を考えるかといえば、「もしも武田軍が車を使って上杉軍と戦ったとしたら、果たして信玄はどんな車を選んだだろうか?」ということだ。……荒唐無稽な設定ではあるが、そこから現代の車選びに関して何らかの気づきを得ることもできなくはないはずだ。
出典:http://www.car-rate.info/porsche/column/kawanaka.html

川中島という比較的平坦な地で機動力を最大限発揮するには、一例だがメルセデス・ベンツGクラスのような本格オフローダーである必要はない。それよりももっとこうスピードに富み、素早いコーナリングが可能な、ある程度コンパクトで、それでいて戦闘使用にも耐えうる頑強性を持った車であることが望ましい。そう考えると最適なものの一つは、ポルシェのミッドシップ・オープン2シータースポーツ「ボクスター」になるだろう。
出典:http://www.car-rate.info/porsche/column/kawanaka.html

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...