ランボルギーニのエンジンを積んだ「アウディS8」オーナー、狭小住宅日本一を目指すホープス代表・清野 廣道さんにインタビュー

公開日:Posted in コラボ by

皆さんは「狭小住宅」というと、どのようなイメージを持たれますか?文字通り狭い土地に敷地ぎりぎりに建物を造り、庭はおろかガレージのスペースなんて夢のまた夢…と、ちょっとネガティブなイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、今回ご紹介する方はその夢のまた夢を叶えてくれます。

以前、株式会社クラシック代表・坂井裕之氏より「クルマ好きで情熱を持って仕事をされているから、ぜひ取材してみてください」とご紹介いただいた方。それが、株式会社ホープス代表・清野 廣道さんです。

東京都世田谷区にショールーム兼オフィスを構える清野さん。「狭小住宅の供給会社日本一を目指す」その想いとは?そして、愛車と仕事に共通するこだわりとは?じっくり伺ってきました。

愛車選びはインスピレーション。そしてさりげなさ


▲株式会社ホープス代表の清野 廣道さん

江上(以下、江):まずは、現在の愛車について教えていただけますか?
清野(以下、清):現在はアウディS8に乗っています。所有して3年くらいです。通勤や子どもの習いごとの送り迎えなどもこのクルマで行います。クルマの移動時間って、自分だけの時間であり空間なんです。自宅では父であり夫でもあるわけですし、会社では代表として仕事をしなければなりません。それだけに、このクルマのなかで過ごす時間は大切にしたいですし、せっかくなら居心地のよい空間であって欲しいですよね。

IMG_8284
▲清野さんの愛車であるアウディS8

IMG_8335
▲ホワイトのボディカラーに、ブラウンのレザーシートが絶妙にマッチしています

IMG_8340
▲Bang & Olufsen社のオーディオシステムが組み込まれています

IMG_8348
▲これもBang & Olufsen社のスピーカー。細部にいたるまで、さりげなくハイセンスな1台

江:珍しい仕様のアウディS8ですよね?
清:このアウディS8は全体の佇まいがとても気に入っていて、この個体でなければ選んでいなかったかもしれません。特に、このブラウンレザーと木目パネルの色合いの調和がとれていて、ひと目で気に入りました。それとエンジンですね。このアウディS8には5.2L V10エンジンが搭載されているんです。心臓部はランボルギーニ ガヤルドと同じ。つまりスーパーカーのエンジンです。ブレーキもカーボン製です。高品質・高性能であることを誇示しないけれど、見るひとが見れば違いがひと目で分かる。その絶妙な「さりげなさ」が好きですね。

IMG_8406
▲ランボルギーニ ガヤルドをベースにした5.2L V10エンジンを搭載!

IMG_8318
▲カーボンブレーキとガンメタリックにペイントされたホイールが足元を引き締めます

江:このアウディS8に乗っているからこそ、お客様に伝えられることもありそうですよね。
清:このクルマと暮らすことは、弊社の家づくりにも通じるところがあると感じています。もちろん、格好良さも大切ですが、それだけでは住みにくい家になってしまうこともあります。よく見るとデザインが統一されていて、落ち着いた雰囲気や、自分たちの暮らし方にあった家づくりを目指しています。

江:実は、もう1台お持ちだとか…?
清:実はキャンプが好きで「ダッジ・デュランゴ」も所有しています。4輪駆動のクルマを探していたとき、ボルボなどさまざまなクルマを見て回ったんです。そこでふと「そういえばジープって乗ったことないな」ということに気づいて観に行ったんです。そうしたら、ジープの隣にデュランゴが置いてあった。よりにもよって、デュランゴがキャンピングカーを牽引している状態で置いてあったんですね。思わず「これだ!」と衝動買いしてしまいました。

江:アウディとデュランゴの違いを感じることはありますか?
清:ヨーロッパ車とアメリカ車の考え方の違いが如実に表れていますね。しかし、クルマとしての造りや性能面だけでは計り知れないものがありますよね。今回は「デュランゴでキャンプに行く」というライフスタイルがイメージできたんです。小学校2年生になる長男も、それぞれのクルマの違いや良さを理解しているみたいです。あるディーラーで試乗したときも大人顔負けの発言をしていましたし(笑)。

IMG_8379
▲レザーとアルミとウッド。それぞれの素材が美しく調和している内装。華美ではなく、さりげない印象

清野さんが伝えたい家造りへの想いとは?


▲家造りへの想いを熱く語ってくださった清野さん

江:ホープスさんに家造りの相談をする方の世代というと…?
清:圧倒的に30代が多いですね。仕事も現役でバリバリ活躍している方たちですし、それに応じた収入を得ていらっしゃいます。それだけに、弊社への期待値は高いですし、見る目は厳しいです。ご期待に応えるために、常に勉強させていただいております。

江:同じ予算内でも、もう少し大きな建売りの戸建ても買えるわけですよね?
清:そうなんです。それを分かったうえで、お客様は「自分たちの思い描く住まいやライフスタイルを形にしたい」と思って弊社を訪ねて来られるのです。私も、最初にお会いするときは「お見合い」だと思っています。

江:「お見合い」ですか?
清:女性が男性を見たとき、「1.イケメンである」こと。「2.体が丈夫な健康体」であること。「3.優しくて頭がいい」こと。「4.お金持ち、もしくはお金持ちになる素質をもっている」こと。この4つの要素は理想型だと思うんですね。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...