ポケットグランドツーリング!フィアット500Cの試乗レポート

公開日:Posted in 試乗レポート by

4

初めてフィアット500に乗った際、かわいいが、かわいいことだけでも存在意義があるのだな。と感じたものでした。すなわち。かわいいことが支配的で、自動車としてのレベルはあくまでも前時代的。そしてその雰囲気やキャッチーなアイコンのために犠牲にしているものも散見される。そういうクルマだったという印象を拭い去ることができない。そんな一台だと言わざるをえない。今から振り返ると、そういうクルマのレベルを出ていないと言わざるをえませんでした。もちろん、それだけでも見るものを笑顔にする存在に、それ相応の価値はある。とは思いつつ、ちょっと遠出をしようという時にハンドルを積極的に握りたいクルマかと言われると、決してベストな選択肢ではないと感じたものです。

山中湖のギャラリーアバルトミュージアムの山口寿一館長の著書「知れば知るほど外車術」によれば、往年のフィアット500、現代によみがえった可愛らしい500の元になり、ダンテ・ジアコーサが開発主任技術者を務めた、往年のいわゆるNUOVA500は、当時最も安価な輸入車であったものの、楽しいがあくまでも近場での利用を想定して作られたクルマである点は否定できず、せいぜい熱海くらいまでがやっと、というようなクルマだったと記述があったと記憶しています。当初のフィアット500に乗った印象としては、そうした点も踏襲していた、そんなクルマだと感じたというわけです。

3

しかしこのほど、外観上の変更も、されたはされたものの、最小限ながらクルマとしての刷新が図られ、随分と色んなところから「相当良くなった」という声を聞く新しい500に関する評価を聞いていたものだから、何か機会を見つけてちょっと乗ってみたいと感じておりました。今回せっかく浜松にパンダリーノの取材に行くので、何かフィアットのモデルを試乗を兼ねて拝借しようと思いFCAにご連絡したところ、真新しい500C、ルーフが開閉式の幌になっている500ベースのオープンモデルを拝借することができたので、その試乗の感想を書き留めておきたいと思います。

1

まず、少しフィアット500自体からは話が逸れますが、「オープンモデルがやめられない体になってしまった。」というのがまず走り出してほどなく感じたことです。普段からシルビア・ヴァリエッタをアシに利用している筆者。日頃からオープン・エア・モータリングを気軽に楽しんでいます。ボタンひとつで屋根を開け放つことができることがこんなに楽しいものか。こんなにも尊いものか。そんなことを日常的に噛み締めています。この500C、幌の作りとしてはそれほど信頼性の高いものではありません。電動開閉ながらあくまでも開口部の雨をしのぐものと言わねばならないでしょう。

しかし、やはりボタンひとつで二段階にスライド。しかも随分と頭上近いところにあるルーフがボタンひとつで開け放たれるのです。開放感も結果としては随分と身近に感じることができるオープンモデルだと思います。サイドの窓枠は残るフルオープンにはならないモデルではあるものの、実質的には十分に開放的です。しかも走行中でもボタン操作でホロの開閉ができます。あまり速度が速い時には作動しませんがタウンスピードでは走行中に開閉可能。これは停止中でないと開閉できないヴァリエッタオーナーとしては大いに「妬く」ポイントなのです。閉めていてもそこそこ外界の音は侵入します。しかしながらオープンカフェでお茶を飲むときに「うるさい」と苦情を言う人はいないでしょう。そんな感じです。不快ではありません。

IMG_20160529_093550

その上で、ステアリングのマナー、デュアロジックの変速タイミングの制御、乗り心地など1900か所にも及ぶ改良点は伊達ではない。それが個人的な感想でした。2ペダルながら基本的にはマニュアルミッションと同様のギヤを持つデュアロジック。慣れれば楽しい、の慣れるレベルのハードルがさらに低くなり、より滑らかに的確に、明確にタイミングがつかめるようになりました。マイルドにアクセルを踏んであげる、はたまたイタリア人のように、おのおののギヤで目一杯踏み込み、クラスをわきまえず積極的に走ることだって可能です。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...