とてつもなく孤高の一時。レンジローバースポーツHSEに試乗して想うこと

公開日:Posted in 試乗レポート by

先日のJAIA試乗会ではレンジローバースポーツHSEにも乗せていただきました。いわゆるレンジローバーの直径のラインナップには「レンジローバー」もありますが、最近のモデルはかなり大きいクルマになっています。そのシリーズで比較的コンパクトなボディとドライバーズカーとしての質を強めたモデルがレンジローバースポーツです。

IMG_1486

比較的コンパクトなだけで、十分大きなクルマですが、何となくクラシックレンジローバー、二台目あたりまでの適度な広さなどはこのモデルの方が近い印象を受けました。

(編集部追記:当記事は過去配信した「JAIA輸入車試乗会2015」記事の改定版です)

逗子の披露山の自宅から、青山のオフィスまで・・・乗ってしばらくすると、なんとなくそんなイメージがわいてきました。

はっきり言って明確に「憧れに足る暮らしを彷彿とさせる」クルマ、という点では今回様々なクルマがありましたが、その中でも屈指だったのではないでしょうか。レンジローバーは生活とともに歩むクルマ。生活を彩る伴侶。ライフスタイルと密着した上等なクルマ。そういう印象を強く受けました。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...