ランドローバー社の末弟、フリーランダー2(FREELANDER2)試乗レポート

最終更新日: 公開日:2014-10-09 | Posted in 試乗レポート by

みなさんは、フリーランダーという車をご存知でしょうか?

フリーランダーは、イギリス・ランドローバー社製のクロスオーバーSUVです。ランドローバー社といえば、「砂漠のロールス・ロイス」の異名を持つレンジローバーを作っている会社として、あまりにも有名ですよね。

フリーランダーは、そのランドローバー社の車の中でも末弟に位置します。しかしながら、ランドローバー社の血脈を受け継ぎ、オンロードだけでなく本格的なオフロード走行にも十分耐えうるモデルとなっています。今回は、2代目となるフリーランダー2が最終販売となるということもあり、その乗り心地などについて試乗レポートしてみます。

フリーランダー2

フリーランダー2の外観およびサイズ

フリーランダー2は全長4515㎜×全幅1910㎜×全高1740㎜と、サイズとしてはコンパクトSUVといっても良いかと思います。最低地上高は210㎜と、一般的なSUVとほぼ同等です。最小回転半径は5.5mと、こちらも標準的だと思われます。

外観は、小さなレンジローバーといった感じの、気品のある外観です。他の外国車にありがちな押し出しの強さがなく、一見するとどこの車かわからないですが、逆にシーンを選ばずどこにでも乗っていけるようなカジュアルさを兼ね備えています。
実際に乗り込むと、最低地上高の割には乗車位置が高く、女性や小柄な方はちょっと乗り込むのが大変かもしれません。いったん乗り込んでしまえば、ランドローバー社特有の「コマンドポジション」により、非常に良好な視界が得られます。

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...